おいしくて安心な「スマート米2021」の生産農家さんを紹介します【丹波篠山・構井さん】

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米づくりをしている「スマート米」。先進のIT技術を利用し、農薬や肥料の使用量を最小限に抑えて育てたお米です。特別栽培米や残留農薬不検出のお米も。各地のおいしい銘柄をラインナップしています。

今回は兵庫県丹波篠山コシヒカリの生産者さんをご紹介します。

2020年栽培のスマート米「丹波篠山コシヒカリ」は、9つの協力農家が栽培しています。農家の一つ、株式会社丹波篠山かまい農場の構井友洋さんに、2020年度産米やスマート農業について聞きました。

「スマート米 丹波篠山 コシヒカリ 節減対象農薬50%以下」販売はこちら


西の米どころ・丹波篠山が生んだこだわりのコシヒカリ


丹波篠山産のコシヒカリは魚沼産と並び称されるブランドです。

産地の兵庫県篠山市は、昼夜の寒暖差が大きい盆地特有の気候により、甘みと粘り気を持つ理想的なコシヒカリが生まれる地域。山から濾過された良質な水も豊富で、構井さんの田んぼでは水はけがとてもいいということも、おいしいお米づくりに欠かせない要素だそう。

構井さんはお米について、「炊きたてはもちろんおいしいですが、おにぎりにして、冷えてからもうまいという評判をいただいています。食味テストでも新潟・魚沼産と変わらないほどの強さで、かめばかむほど甘みがにじみ出るお米です。そのおいしさはプロからも信頼されており、阪神間のお米にこだわるレストランなどでも選ばれています」と話します。


「スマート米 丹波篠山 コシヒカリ 節減対象農薬50%以下」販売はこちら

スマート農業で持続可能な米づくりを


構井さんたちが米づくりをする丹波篠山地域は高齢化が進み、どのように農業を守っていくかという課題もあるそう。山間部のため獣害が多く、対策のための草刈りや柵の点検などにも人手がかかります。

そこで取り入れたのがスマート農業。ドローンによってこれまで4日かかっていた防除作業が2日で終わり、減農薬によりコストも削減できるなど、圧倒的な省力化の効果があったそう。

「こうした機械化が進めば、農業になじみがない若者にも入職してもらえる可能性があるのでは、と期待しています」



おいしく安全な米づくり、そして地域の農業を守っていくという強い思いを持つ構井さん。

最後に、「今回のスマート米の取り組みをきっかけに、丹波篠山のおいしいお米を多くの人に知っていただくとともに、丹波篠山産のお米というブランドを確立させて持続可能な地域づくりに貢献していきたいと思っています」と展望を語ってくれました。

「地域が一丸となっておいしく安心なお米づくりを頑張っていますので、丹波篠山コシヒカリを一度味わっていただきたいです」

9つの協力農家が栽培したこだわりのスマート米「丹波篠山コシヒカリ」をぜひ食べてみてください!

スマート米「丹波篠山コシヒカリ」を栽培いただいた協力農家さん

「スマート米 丹波篠山 コシヒカリ 節減対象農薬50%以下」販売はこちら

■玄米も選べる!安心・おいしい「スマート米」

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米づくりをしている「スマート米」は、先進のIT技術を利用し、農薬や肥料の使用量を最小限に抑えて育てたお米です。特別栽培米や残留農薬不検出のお米も。各地のおいしい銘柄をラインナップしています。白米と同じように手軽に炊ける無洗米玄米もあります。お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 槇 紗加
    1998年生まれ。日本女子大卒。レモン農家になるため、大学卒業直前に小田原に移住し修行を始める。在学中は、食べチョクなど数社でマーケティングや営業を経験。その経験を活かして、農園のHPを作ったりオンライン販売を強化したりしています。将来は、レモンサワー農園を開きたい。
  2. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  3. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  4. 福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  5. 窪田新之助
    農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。