今話題の食べる米ぬかとは?【ごはんソムリエのお米コラム】

料理研究家でごはんソムリエの秋元です。この連載ではお米をおいしく食べるために“知っておくと役に立つお話”やレシピをお伝えします。

玄米が体に良いとわかっていても、家族からの理解が得られなかったり、しっかり噛まずに食べてしまい、胃腸に負担がかかってしまうというお話をよく耳にします。確かに、なかなか難しい部分もあるかもしれませんね。

しかし、そのようなニーズに合わせて、最近では「玄米粉」の他、玄米の中で最も栄養が集中している「米ぬか」を食べやすくした商品もたくさん出てきました。

今回は、米ぬかに含まれる栄養や、最新の商品、誰でも取り入れやすい食べ方をご紹介したいと思います。


「米ぬか」とは?



玄米から表面の「ぬか層」や「胚芽」を削り取ったものを「白米」、そしてその削り取った粉を「米ぬか」と言います。精米によりお米は柔らかく消化もよく食べやすくなりますが、残念なことに大切な栄養も削り取ってしまっています。

胚芽だけを残した「胚芽米」、ぬか層を一部残した「分づき米」があるのは、栄養素を残しつつ食べやすくするためなのです。

どんな栄養がある?


ぬか層と言われる表皮部分には食物繊維が豊富に含まれています。玄米が便秘予防になるといわれるのはそのためで、整腸作用が期待できます。

また、胚芽部分には抗酸化作用をもつビタミンE、皮膚の新陳代謝を促すビタミンB群、体の機能調整を行うミネラル、体の毒素を排出するフィチン酸などが含まれているため、代謝を高め、肌や血液にも良いともいわれています。

食べやすい米ぬかパウダーがおすすめ



精米した後の「米ぬか」はフワフワでさらっとしていますが、そのまま口に入れるとやはり繊維質が気になります。

最近では、非常に細かいきなこのようなパウダー状の米ぬかが注目されていて、さまざまな種類があります。農薬を使用せずに栽培された玄米を元にしたもの、大豆やあずきを一緒に粉末にしたものなど、安全で食べやすいものです。

 

とても細かい粒子なので、舌に残ることなくさまざまなものに混ぜて食べることができますが、ぬかの香りは残っています。どなたでも美味しく食べることができるのは「カレー」や「麻婆豆腐」など、味や香りがしっかりしているものに混ぜるという方法です。

その他には、ヨーグルトと合わせるとシリアルのような風味に感じるため、「ヨーグルト+米ぬか+シリアルやフルーツ」というのもおすすめです。

精米前の玄米に対する米ぬかの割合は、重量にすると8〜10%ですが、その中には全体の95%に相当する栄養成分が含まれています。

かけて混ぜるだけと、とても手軽な米ぬかを日常に取り入れてみてはいかがでしょうか。

▼玄米粉の作り方やレシピはこちら
【コラム】意外と使える!玄米粉の活用レシピ


■レンジでもちもちな玄米が食べられる! パックごはん 「寝かせ玄米ごはん」


SMART AGRI FOODから発売しているパックごはん「国産スマート米 寝かせ玄米ごはん」は、電子レンジで約2分温めるだけでもっちもち食感のおいしい玄米が食べられるレトルトごはんです。

圧力釜で炊き上げた後、3~4日寝かせる「寝かせ玄米(R)」の製法で仕上げているので、玄米特有の食べにくさがありません。

忙しい方や、家族の中で自分だけ玄米を食べるという方も、いつでも手軽にふっくら玄米をお召し上がりいだだけます。


「スマート米」とは
全国各地のこだわりの農家さんと共にスマート農業を活用し、農薬の使用量を抑えて育てています。
玄米の状態で第三者機関の検査により「残留農薬不検出」と証明されたお米、農林水産省ガイドライン「節減対象農薬50%以下」のお米、そして「特別栽培米」も選ぶことができ、家族みんなにあんしんなお米です。

お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 槇 紗加
    1998年生まれ。日本女子大卒。レモン農家になるため、大学卒業直前に小田原に移住し修行を始める。在学中は、食べチョクなど数社でマーケティングや営業を経験。その経験を活かして、農園のHPを作ったりオンライン販売を強化したりしています。将来は、レモンサワー農園を開きたい。
  2. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  3. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  4. 福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  5. 窪田新之助
    農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。