希少な減農薬の丹波篠山産「丹波黒」の枝豆が首都圏の高島屋や成城石井に登場

株式会社オプティムは、10月16日より「スマートアグリフードプロジェクト」の成果として収穫された、2019年度産の丹波篠山産「丹波黒 黒枝豆」の販売を開始した。

このプロジェクトは、にスマート農業によって生産者ととも減農薬を実現し、安心・安全な農作物を消費者に届けるという取り組み。

今回、枝豆のなかでも凝縮された味わいと大きなサイズから、最高級とされる「丹波黒」がこのプロジェクトで栽培され、この秋に収穫された枝豆は、デパートの高島屋や高級スーパー・成城石井の首都圏の一部店舗などで販売される。


「丹波黒 黒枝豆」は、丹波篠山地方で古くから栽培され、おせち料理などに使われる最高級の黒豆「丹波黒」を、成熟しないうちに枝豆として収穫した贅沢なもの。夏の間に収穫される一般的な枝豆とは異なる濃厚な味わいが特徴で、さやは大きく、成熟するにつれて黒い斑点が出てくるが、これは黒豆へと熟す過程にあたり、ふっくらした食感と甘味が増してくるといわれている。

収穫時期が10月初旬から約2〜3週間しかない希少な枝豆。特に本来の産地である丹波篠山産のものは貴重とされ、丹波篠山市ではブランドを守るために、解禁日も設けられている(2019年は10月5日が解禁日)。

今回販売される「丹波黒 黒枝豆」は、株式会社オプティムのソリューションを活用した「スマートアグリフードプロジェクト」によって、丹波篠山地区の生産者とともに減農薬で栽培されたもの。一部は、地域の慣行栽培と比較して節減対象農薬・化学肥料の使用を50%以上削減した「特別栽培農産物」としての販売も行う(高島屋での販売)。

テレビでも紹介された話題の枝豆「丹波黒 黒枝豆」は、黒豆に近い豆の旨味が凝縮された枝豆。
この機会にぜひ一度味わってみては。


■販売予定店舗

特別栽培農産物 大粒黒さや豆 200g
・高島屋  新宿店、横浜店、柏店、日本橋高島屋S.C.、玉川高島屋S.C.

秋旬 大粒黒さや豆 200g
・スーパーマーケット成城石井(首都圏の一部店舗)
・トップグループ(スーパートップ・パルケ・ニューヤヒロの首都圏の一部店舗)
・いたがき(ITAGAKI SELVA店、朝市店。ともに仙台市)

※各店舗準備数量無くなり次第、販売終了となります。


丹波地域で生産者とともに切り開く、スマート農業の未来の形【丹波地域スマート農業実証実験レポート】
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。