残留農薬不検出の「まっしぐら」新米の味は?2019年産スマート米の試食レポート

AIIoTといったスマート農業技術を利用して、減農薬栽培されたお米「スマート米」の2019年産新米の試食会が、株式会社オプティムにて行われた。
オプティムはスマート農業技術を開発し、全国の生産者とともに安心・安全な農作物づくりに取り組んでいる企業だ。

ドローンやAIによる画像解析などの先進技術を利用し、生産者の負担に配慮しながら栽培された、減農薬でおいしいお米「スマート米」。
残留農薬検査もおこなっており、不検出という結果が出ている。


スマート米は、全国の生産者とともに栽培されており、お米の銘柄もいくつも取り揃えている。
今回、試食にできたのは青森県のブランド米「まっしぐら」の新米。

今年のスマート米「まっしぐら」の味はどんなものだろうか。一足先に編集部員が味わってみた。

青森県の生産者による「まっしぐら」はツヤが美しく甘い


この「まっしぐら」は、青森県黒石市で農業法人を営む株式会社アグリーンハートによって栽培された。

アグリーンハートは、水稲主体の農業を営む農業法人で、黒石市内の休耕地だった場所を新たに自然栽培で農地に変えるという活動をしている。


代表の佐藤拓郎さんによると生産地である黒石市は、「青森県で一番の米どころといわれており、南八甲田の裾野に位置する雪解け水がとても豊富な地域です。水がきれいだと土も良くて、どっちも“若い”んですよ。そういう場所で作物を作ると、米も野菜もおいしくできます」とのこと。

豊かな水が育むお米を、先進技術でより安全・安心に栽培したのがこの「まっしぐら」のスマート米だ。

■佐藤さんへの取材記事はこちら
黒石市の雪解け水で作ったスマート米「まっしぐら」【青森県・株式会社アグリーンハート】


青森のブランド米「まっしぐら」は、炊きあがりに適度な弾力があり、粒がしっかりして食べ応えがありながら、さっぱりとしたおいしさが味わえる品種。

今回ふるまわれたお米は、精米したての新米ならではの美しいツヤがあり、味わいも甘みが深く、米のおいしさをしっかり感じられるものとなっていた。

2019年のスマート米は全国の銘柄がラインナップ


スマート米とは、株式会社オプティムが取り組む「スマートアグリフードプロジェクト」の一環で栽培されたお米。AIやドローンを活用して農薬の使用量を格段に抑え、安心・安全な農作物を届ける試み。

全国のこだわりの生産者と協力して生産されており、2019年は九州で「ヒノヒカリ」「さがびより」「にこまる」、青森で「まっしぐら」「つがるロマン」、新潟と長野で「コシヒカリ」の各品種が栽培されている。

残留農薬不検出の安全なスマート米は、玄米でもおいしく安心して食べることができるお米。
今年は、これらの各地域のおいしいお米がラインアップする予定なので、新米の販売を楽しみに待ちたい。

■スマート米公式通販サイト
スマートアグリフード
■Amazonでのスマート米販売ページ
Amazon/スマートアグリフード
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。