外国人客が殺到するファームステイの秘密とは?──中込農園(山梨県南アルプス市)

山梨県南アルプス市の観光農園・中込農園には、年間約2000人の外国人が訪れる。国内外から予約が殺到し、受け入れきれない状況が続く。1996年にホームページを作り、翌97年には英語版のページを開設。農業分野にインバウンド需要を取り込んだ先駆者だ。

外国人客が増えたことで、日本人客に不人気になりつつあるリンゴ狩りやカキ狩りの時期も、安定的に誘客ができるようになった。農家に泊まり込みで無償で農作業をするファームステイも、国外から年間200人ほど受け入れていて、果物狩りだけでなく、果樹栽培のための農作業を観光資源として活用する。

中込農園で作業するデンマーク出身の女性(左)とアメリカ出身の女性

日本文化も学べるファームステイに海外から申し込み殺到

中込農園は果樹園の広がる南アルプス市で、4.5ヘクタールの農地を持つ。栽培するのは、サクランボ、プルーン、リンゴ、モモ、ナシなど9種類の果物で、モモだけでも30品種がある。6月のサクランボ狩りに始まって、12月のリンゴ狩りまで長期間、果物狩りを楽しめる。

11月下旬に訪れると、モモの木に残った袋を外す作業の最中だった。驚かされるのは、作業しているのが園主の中込一正さんと日本人女性1人以外は、全員が外国人だということ。カナダから訪れた男女と、アメリカ出身の女性2人、デンマーク出身の女性1人の計5人が黙々と作業をしていた。

モモの木から袋を外すアメリカ出身の女性(右)とカナダ出身の男性(中央)

彼らはファームステイで同園の施設に泊まり込み、ボランティアで作業をしている。滞在期間は1週間前後から数カ月程度までさまざま。年間計200人ほどの外国人がファームステイで働く。一度に受け入れる外国人は、最大で8人ほど。「年に約3000人の申し込みがあって、とても受け入れきれない」と中込さん。

これほど人気なのは、同園でのファームステイが単に作業をする場にとどまらず、日本のものづくりや、文化を学ぶ格好の場と受け止められているからだ。宿泊場所が無償で提供され、長期滞在できるのも人気の理由のひとつ。滞在後、富士山や関東、関西方面を旅する人が多い。

日本の高品質な果樹栽培を英語で伝える

中込さんは英語のホームページで日本の高品質な果樹栽培の方法や、マナーについて詳しく解説している。もともと英語教師をしていて、アメリカに留学経験があり、英語のページも自分で作っている。

中込農園園主の中込一正さん

この記事の続きを読むには、ログイン、およびアライアンス会員登録(無料)が必要です。

【特集】農業×インバウンドのこれまでとこれから
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  4. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  5. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。