日雇い農作業をスマホで受発注できる「ワクラク」、導入事例を公開

Wakrak株式会社は2019年3月より、デイワークアプリ「ワクラク」のサービス展開を熊本県でスタート。その導入事例として、熊本県の農家と実際に働いた学生の導入事例インタビューを公開した。


「ワクラク」は登録者5万人を超える日本最大級のデイワーク(日雇い労働)サービス。2018年10月のサービスリニューアル以来、関東を中心に6都道府県にサービス提供エリアを拡大している。

ユーザー側は、「アプリのダウンロード」「プロフィールの入力」「ワークの契約」の3ステップでデイワーク(日雇い)の仕事を決定でき、履歴書や面接を受ける必要なく、スマホ一つで仕事への申し込みが完結する。

また、利用企業は都内や近郊の大衆居酒屋からカフェ、高級レストランといった飲食店やEC企業、イベント会社、ホテルなど幅広い業種で活用されており、募集の日時や内容を専用の管理画面で入力するだけで簡単にアプリに反映され、契約者が現れると通知が届き、契約書と顔写真や名前、年齢、プロフィールを確認するだけ。この手軽さと1日単位で働けることが大学生やフリーター、主婦と相性がよく、登録者(ワーカー)数は5万人を突破したという。

熊本県の導入事例は、人口減少や高齢化に伴い人手不足が深刻化する農業の人手不足解消のために導入した農業法人、株式会社味咲。企業側とワーカー側の双方へのインタビューをご紹介する。

株式会社味咲 インタビュー(代表取締役社長 坂本清一氏)


──農業においての人手不足の状況を教えてください。


農業には「農繁期」と呼ばれる時期があり、田植えや収穫期は特に忙しくなります。年間通して人が必要というよりは農繁期に助けてくれる人手が必要になります。ですので、必要な時にバッと人を集められるワクラクは農家にとってすごく相性のいいサービスだと思っております。

──ワクラクの導入に至った背景を教えてください。

導入に至った背景は2点あります。1点目は農繁期に対する人手不足の解消です。もう一点は若い人たちに農業に興味を持ってもらいたいという思いです。一日単位のアルバイトを通して農業に興味をもつ人が一人でも増えると嬉しいなと思います。

──最後に、ワクラクは熊本や九州で普及すると思いますか?

はい。とてもニーズがあるサービスだと思っています。九州圏では、業界・職種問わず人手不足が起きているので、どの企業も利用したいと思いますよ。農業に特化する必要は無いと思うので、いろんな企業様に使ってもらえるといいと思います。それが熊本、九州の発展に繋がるんじゃないかと考えています。

ワーカーインタビュー(九州東海大学 草野壮大氏)


──ワクラクを使ってみた感想はどうでしたか?

普段のアルバイトは飲食店のみですが、その中で農家さんの仕事ができたことはすごくよかったです。また、普段のアルバイトまでの手順は履歴書とか面接などがありますが、それがワクラクだと簡単な個人情報の登録をスマホで完結できる点が何よりもよかったです。

──味咲(農家)様で働いてみてどうでしたか?

普通に学生をしていたら、絶対にやる機会がない農家さんでの仕事だったのですごく不安でしたが、やったことない仕事をとても気さくに丁寧に教えてくれました。仕事内容はみかんの収穫と選別作業です。ワーク時間は7時間と長時間だったのですが、楽しかったのでとても時間が短く感じました。

──ワクラク を利用するメリットを教えてください。

柔軟に予定を組むことができるのでとても助かります。給料もすぐに申請ができるので、お金が苦しい時は重宝しています。また、シフトを組むまでもないけど、やってみたいアルバイトがあって、それを気軽に試すことができることです。個人的にはアパレルとかやってみたいです(笑)。
このお試しでのアルバイトを経て、将来やりたいことが見つかるかもしれないという期待感も含めて、すごくいいサービスだと思っています。

※ ※ ※

繁忙期に近隣の農家同士で協力することは現在も行われているが、農業従事者の高齢化や人口減少による人材不足は待ったなしの状況だ。農業に従事できる人数が減っている地方自治体ほど、今後はこのようなサービスが役立つかもしれない。

<参考URL>
Wakrak株式会社
「ワクラク」導入事例
株式会社味咲

スマートアグリフーズ直送便(スマ直)
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 三好かやの
    みよしかやの。しがないかーちゃんライター。「農耕と園芸」「全国農業新聞」等に記事を執筆。八王子市ユギムラ牧場でかぼちゃの「いいたて雪っ娘」栽培中。共著『私、農家になりました。』(誠文堂新光社)、『東北のすごい生産者に会いに行く』(柴田書店)等がある。http://r.goope.jp/mkayanooo
  2. 山口亮子
    やまぐちりょうこ。フリージャーナリスト。京都大学卒、北京大学修士課程修了。時事通信社を経てフリーに。主に農業と地域活性化、中国を取材。
  3. r-lib(アールリブ)
    これからのかっこいいライフスタイルには「社会のための何か」が入っている、をコンセプトにインタビュー記事やコラムなどを発信するメディア。r-lib編集長は奈良の大峯山で修行するために、毎年夏に1週間は精進潔斎で野菜しか食べない生活をしている。
  4. 水尾学
    みずおまなぶ。滋賀県高島市出身。大学卒業後、電子機器関連業務に従事。2016年に自家の柿農園を継ぐと同時に、IoT農業の実現を目指す会社、株式会社パーシテックを設立(京都市)。実家の柿農場を実験場に、ITを駆使した新しい農業にチャレンジしています。
  5. 窪田新之助
    くぼたしんのすけ。農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。 2015年11月に発表される「農業センサス」で明らかになる衝撃の事実! 日本の農地は急速な勢いで大規模化され、生産効率も急上昇……輸出産業となる!! 日本経済団体連合会(経団連)も2015年1月1日、発表した政策提言『「豊かで活力ある日本」の再生』で、農業と食のGDPを合わせて20兆円増やせるとした。これは12兆円の輸送用機械(自動車製造業)よりも大きく、インターネット産業や金融・保険業に肩を並べる規模──日本のGDPは500兆円なので、農業が全体の4%を占める計算になる。「コメ農家は儲けてない振りをしているだけですよ」「本気でやっている専業農家はきちんと儲かっている」など、日本中の農業の現場を取材した渾身のレポートは、我々に勇気を与える。日本の農業は基幹産業だ!日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活自民党農林水産部会長の小泉進次郎氏は語る。「夜間に人工知能が搭載された収穫ロボットが働いて、朝になると収穫された農作物が積み上がっている未来がある」と──。21世紀の農業はAIやビッグデータやIoT、そしてロボットを活用したハイテク産業、すなわち日本の得意分野だ。その途轍もないパワーは、地方都市を変貌させて国土全体を豊かにし、自動車産業以上のGDPを稼ぎ出し、日本人の美味しい生活を進化させる。大好評『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』に続く第2弾!

RECOMMEND