豪雨を乗り越えてキュウリの反収50トンを実現した、高軒高ハウスでの養液栽培メソッド

ハウスが自然災害に遭い、キュウリづくりを一時断念せざるを得なかった佐賀県大町町の鵜池幸治(うのいけこうじ)さん(39歳)。

JA全農が高収益を実現するために設置した実証施設「ゆめファーム全農SAGA」で働いた後、2021年末に営農を再開。初年度には、反収でいきなり全国トップクラスの50tを達成した。ただ、結果には満足していないという。


参考記事:データ栽培管理により反収増を実現したゆめファームの今年の成果【窪田新之助のスマート農業コラム
https://smartagri-jp.com/smartagri/3805

「自分にはキュウリづくりしかない」


JR九州佐世保線の大町駅からクルマで5分ほどの水田地帯に、まだ新しい高軒高のハウスがぽつんと並んでいる。鵜池さんが2021年度に建てさせたものだ。

ハウスの面積は45aで、軒高は5mに及ぶ。中では、ハイワイヤー仕立てでキュウリの養液栽培をしている。

参考にしたのは、JA全農が佐賀市に設けた「ゆめファーム全農SAGA」。鵜池さんがキュウリづくりに携わり、ハウスを建てるうえで大きな学びを得たところだ。

鵜池さんがそれまでキュウリを作ってきたハウスは、2019年8月に九州北部を襲った豪雨で使えなくなった。当時、九州北部では1時間当たり最大100mmを超える大雨が降った。大町町では浸水した鉄工場から大量の油が出て、水と混ざって辺りの住宅や農地に流れ込んでいった。

当時の経営は、コメや大豆が計3.5ha、ハウスで土耕するキュウリが20aだった。このうち田植え機やコンバイン、トラクターのほか、乾燥調製施設など一連の機械が油を含んだ水に漬かり使い物にならなくなった。これで、水田での営農再開はあきらめた。

あまりの惨状に、離農という文字すら頭に浮かんだこともあった。ただ、これまでの経歴を振り返れば、「やはり自分にはキュウリづくりしかなかった」。被災してから3カ月後、キュウリづくりを再開する気持ちを固めた。


「夢ファーム」で学んだハイワイヤー式のメリット


鵜池幸治(うのいけこうじ)さん

とはいえ、復旧までには時間がかかる。その間、働くことにしたのが「夢ファーム」だ。同ファームは軒高が5m、総面積が1ha、栽培面積が86aある。

栽培棟は半分に分けて、土耕栽培区とロックウールを利用した養液栽培区を用意している。前者がキュウリの栽培で一般的な摘心誘引仕立て、後者がハイワイヤー仕立て(つるおろし栽培)。

JA全農は高収量を上げるためのさまざまな工夫を凝らした同ファームで、栽培を始めてから1年目にはいずれの栽培区でも、全国最多の反収約55tを上げることに成功した。

鵜池さんはここで働いている間、それまで自分のハウスで慣れ親しんだ土耕栽培を担当することになった。ただ、1年目を終えるころに養液栽培の担当に変えてもらった。収量を取る目的で、ハイワイヤー仕立てに魅力を感じたからだ。

以前は、ハイワイヤー仕立てでは高い収量を上げられないと思っていた。ただ夢ファームで実地に比較してみると、軒高が5mある空間を活用して根域や環境を適切に制御すれば、ハイワイヤー仕立ての方が摘心誘引仕立てよりも生育を促せると感じた。


課題は「更新つるおろし栽培」にかかる労力


自身のハウスを再建した後、そこで初めて定植したのは2021年12月。当初期待した通り、初年度の反収はこれまでの最高記録である50tに達した。ちなみにこの数字は、土間の中央と暖房機がある端の通路を省いた、純粋に栽培している面積で換算した数字である。

50tというとすごいようだが、鵜池さんは納得していない。「うれしいというよりも、反省や悔しい気持ちの方が強いです。正直、あと6~7tは取れました。夏作で大きな失敗をしてしまったんです。」


鵜池さんがいう失敗とは、夏作になってから、成長の促進や作業性の向上のために「更新つるおろし栽培」に変更したところ、思いのほか時間がかかったということ。

更新つるおろし栽培では、つるおろし栽培と異なり、生長点を摘む作業が必要になる。「想定よりも1.5倍の作業時間がかかり、間に合わず、半分は捨ててしまったんです」

初心者でも作業できる雇用型経営にシフト


対策としては人を多く雇うことになるものの、人件費がかさむことが心配だ。そんなときにある情報を手に入れた。近隣の自治体が働き手を仲介する支援事業をしているというのだ。

「この辺りだと、派遣会社に頼めば時間当たり1350~1400円を払わないといけない。一方で、その事業を使えば、最低賃金くらいの時給だけで済む」

ただし、実際に利用したところ、希望通りに確実に人を確保できるわけではなかった。そこで夏に限り、知人らの仲介で地元の高校生を短期のアルバイトで雇うことも始めている。

鵜池さんがハイワイヤー仕立てに興味を持った理由はもう一つある。雇用型経営にするためだ。というのも、摘心誘引仕立ては習得するまでに長い月日を要する。一方、ハイワイヤー仕立ては初心者でも早くにその作業に慣れるからだ。その先には規模拡大を見据えていた。

ただ、ここにきて雇用の確保の難しさや資材費の高騰など経営環境が大きく変わってきている。鵜池さんは「いまは規模拡大よりも、現状の面積で収益性を向上することに集中したい」と話している。


【事例紹介】スマート農業の実践事例
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 田牧一郎
    田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  2. 福田浩一
    福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  3. 石坂晃
    石坂晃
    1970年生まれ。千葉大学園芸学部卒業後、九州某県の農業職公務員として野菜に関する普及指導活動や果樹に関する品種開発に従事する一方で、韓国語を独学で習得する(韓国語能力試験6級取得)。2023年に独立し、日本進出を志向する韓国企業・団体のコンサル等を行う一方、自身も韓国農業資材を輸入するビジネスを準備中。HP:https://sinkankokunogyo.blog/
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎
    1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 堀口泰子
    堀口泰子
    栄養士、食アスリートシニアインストラクター、健康・食育シニアマスター。フィットネスクラブ専属栄養士を経て独立。アスリートの食事指導や栄養サポートの他、離乳食から介護予防まで食を通じて様々な食育活動を行う。料理家としても活動し、レシピ提案、商品開発も担う。食事は楽しく、気負わず継続できる食生活を伝えることを信条とする。スポーツの現場ではジュニアの育成、競技に向き合うための心と体の成長に注力している。HP:https://eiyoushiyakko.jimdofree.com/
パックごはん定期便