農業高校生、農家、専門家による農業の「働き方改革」経営者向けガイドとは?

国を上げて取り組みが進められている働き方改革。この流れは、農業にも徐々に広まろうとしている。

2018年3月30日、農林水産省はおよそ3カ月間に及ぶ「農業の「働き方改革」検討会」の取りまとめを行い、その内容を「農業の「働き方改革」経営者向けガイド」(以下、本資料)としてまとめた。省庁だけでなく、教育機関、民間企業がタイアップを組んでまとめられた本資料は、今後の日本の農業に大きな影響を与えるかもしれない。ここでは、本資料の内容を紐解きながら、農業の働き方改革について考えてみたい。


なぜ、農業に働き方改革が必要なのか?

そもそも、なぜ農業に働き方改革が必要なのか。本資料では、その理由について日本の農業を取り巻く環境が大きく影響していると言及している。

担い手の高齢化、人手不足など日本の農業は大きな転換点に差し掛かっている。1995年からおよそ20年で農業就業人口は半分以下に減少し、平均年齢も59歳から67歳に高齢化している。日本の人口が減少に転じている現代において、この問題は農業にも暗い影を落とす。この問題の解決に取り組むことが、日本の農業の発展に必要不可欠といえるのだ。

そこで、本資料ではこれまでと同じやり方では今後農業を発展させるのは難しいだろうと予想している。特に、今後担い手になる若者のニーズに合わせた農業を展開することが重要であると述べられている。

また、これまでの男性中心の農業から、女性も参画できる農業へ変革する必要もある。女性の社会進出が日本では大きなテーマになっているが、農業に従事する女性の比率はこの40年で低下し続けている。

一方で、これらの課題を解決すれば、日本の農業も明るい展望を描くことができる。つまり、若者、そして女性の農業進出を促すような取り組みが今後求められるのだ。それが、農業の働き方改革につながってくるというのが本資料の趣旨となる。

本資料の作成に当たっては、農業経営者では青森でりんごの生産を行っている株式会社アルファーム、北海道で肉牛や酪農を行う株式会社ノベルズ、茨城でフルーツトマトの生産を行う株式会社ドロップなどが参画。また、有識者として教育機関から東京都立園芸高等学校などが参加しており、まさに官民一体となって議論された。

「農業の『働き方改革』経営者向けガイド」が推奨する改革の3つのステージ

しかし、働き方改革という言葉だけが先走っても意味をなさない。具体的にどのようなステップを踏めばいいのか、そこを示してこそ改革に取り組むことができる。本資料では働き方改革を進めるための3つのステージを提示している。実際にどのようなステージを設けているか見てみよう。

ステージ1:経営者が自らの働き方を見つめ直す

まず初めのステージは、第三者から見て経営者の考えがわかるように、自らの働き方を見直すことから始まる。見直すというのは、ただ頭の中で考えるだけでなく、頭の中にある情報を紙に書き出すなどして見える化したり、経営上の課題を洗い出すというものだ。特に、経営上の課題は、生産面積や作目の種類、それを流通させる販路、月や日毎の作業量や人員などを把握して、投資計画や財務管理が適切かどうか判断する必要がある。

また、仮に自分が従業員として関わっていたらどうかという視点を持つことも重要だ。自分以外に頼れる人に意見を求めるなど、できる限り客観的な視点を持つことが必要だ。

現状を踏まえた上で、今後の経営計画を練るために、市場動向や最新技術、国の施策などについて情報収集することも求められる。さらに、経営理念やそこから導き出される具体的な数値目標を作ることも重要であると本資料では言及されている。

ステージ2:「働きやすい」「やりがいがある」実感できる職場を作る

次に大事なのは、従業員の労働環境を整えることだ。年間の作業量の平準化や、労働法などに準拠した雇用を実現するだけでなく、給与体系の明確化や農業の特性を活かして労働時間を短縮することなども重要だろう。

また、人材のミスマッチを起こさないよう、経営理念や業務の意図を共有して、意思の疎通を図ることも求められる。必要に応じて、インターンシップなどを活用してマッチングを行うのも一つの手段だろう。

ステージ3:人材を育成し更に発展する

最後の段階は、今後さらに発展するために人材の獲得、育成をさらに進めるというものだ。ここまでに決めてきた経営理念や目標をSNSなどを通じて発信して、農業に馴染みはないものの組織をデザインして経営者として活躍できる人材を獲得する。

このような人材を確保するためには、採用のミスマッチを防いだり、自社で描けるキャリアパスを提示することが必要だ。また、「人」がやるべき重要な作業に集中できるよう、最先端の農機や技術を導入して作業負担の軽減を図ることも大切だ。

「働き方改革」で新しい農業を築くためのキーポイント

このように、本資料では農業に働き方改革を起こし、衰退ではなく発展するために必要なことを、事例を交えながら解説している。ここで取り上げた内容は、すでに実践しているところもあり、実現不可能なものではない。それでは、今後農業で働き方改革を行う上でキーポイントになるのはどのようなことだろうか。ここでは2つのポイントについて言及したい。

一つは、スマート農業スマートアグリ)といった最新テクノロジーの活用だ。農業は重労働というイメージを少しでも払拭すべく、先ほどもお伝えしたとおり農機や技術で解決できる問題は積極的に改善することが求められるだろう。それが実現すれば、農業に対するイメージも大きく変わるはずだ。

もう一つは、この働き方改革の考え方を、現在の農業従事者が受け入れられるかどうかだ。長年培ってきたやり方を大きく変えるには、農業経営者だけでなく、その関係者も一体となって取り組んでいく必要がある。そして、それを行うというマインドチェンジが必須だ。それをいかにして醸成するか、今後の日本の農業にとって大きな課題になるかもしれない。

<参考URL>
農業の「働き方改革」検討会取りまとめ及び別冊参考資料の公表について
http://www.maff.go.jp/j/press/keiei/zinzai/180330.html
農業の「働き方改革」経営者向けガイド
http://www.maff.go.jp/j/press/keiei/zinzai/attach/pdf/180330-2.pdf

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  2. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  3. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  4. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  5. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。