果実非破壊測定器 「おいし果」 の新モデルが発売

千代田電子工業株式会社が、果実専用の非破壊測定器「おいし果」の新モデル「おいし果CD-H300」と「おいし果CD-H240」を発売した。価格はオープン。
これにより従来の「おいし果」で解決できなかったコスト面での課題や、より専門的な測定が可能となった。


糖度測定専用モデルと農研機構との共同開発モデルを発売

従来モデルの「おいし果 CD-H100」は、果実や野菜の糖度・熟度を“0.5秒”で瞬間測定できるハンディタイプの非破壊測定器だ。

フル充電時の測定可能回数は3,000回以上で、2,000件のデータの記憶が可能、100件の検量線が登録でき、糖度は30Brix、硬度は10Kgまで表示する。本体重量は550gで7.4Vのリチウムイオンバッテリーを使用している。

対応果実は、トマトやブドウ、桃、梨、リンゴ、柿、小玉スイカ、メロン、ミカン、マンゴ、 イチゴ、トウモロコシ等で、現在も静岡県を中心に、桃太郎トマトを栽培する農家や、クラウンメロンを栽培する農家、ブドウを栽培する農家などで活用されている。

新発売の2機種は、自照型タッチパネルディスプレイを採用した3.5インチの大型画面が搭載されていることが共通している。

「おいし果 CD-H300」 糖度測定専用モデル

糖度測定のみに特化した専用モデル。従来モデルよりも安価で購入できる。
測定対象はトマト、桃、梨、柿、リンゴ、イチゴ、ぶどう、マンゴー、グアバなどで、測定結果をその場で印刷できる専用の無線プリンターとの接続も可能だ。
おいし果 CD-H300モデル

「おいし果CD-H240」農研機構との共同研究の成果を反映

農研機構と共同で特許を出願した「クロロフィル含有量の測定方法および果実の熟度判定方法」技術を採用したモデル。糖度・熟度の同時測定が可能で、測定対象は「梨」。対象作物はリンゴや桃など順次追加していく予定とのこと。
おいし果CD-H240モデル

従来モデルよりも安価で高性能な果実非破壊測定器を

「おいし果」を販売する千代田電子工業は、主にワイヤーハーネスの設計や製造・販売を行う企業で、国際的視野のもと顧客から信頼と満足を得られる製品を提供している。今回の発売は、農産物の品質保証が求められる昨今において、従来モデルよりも安価で高性能な果実非破壊測定器を提供することが目的とのこと。


千代田電子工業株式会社
https://www.chiyoda-denshi.co.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  4. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  5. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。