「AIを活用した自動収穫ロボット」がつくば市未来共創プロジェクトに採択、実証プロジェクトがスタート

つくば市(茨城県)は、先端技術や近未来技術の提案窓口「つくば市未来共創プロジェクト」に、アグリスト株式会社が開発する「AIを活用した自動収穫ロボット」を採択した。

実証プロジェクトは2020年4月1日に開始。つくば市は「収穫ロボットの社会実装に向け、市内のきゅうり農家やピーマン農家と連携し実証実験を進めたい」とコメントしている。

アグリストが開発したAIによる自動収穫ロボット

つくば市未来共創プロジェクトは、つくば市が2019年4月に開始した、先端技術や近未来技術の実証実験プロジェクトである。
プロジェクトでは、実証実験のフィールド提供やPR、広報支援、施設やモニターのあっせん、大学・研究機関等への技術相談のサポート等を行っている。

農家にとって最も大きな「収穫の際の人手不足」を解決

アグリストは、地方創生の優良事例地域である宮崎県児湯郡新富町が設立した、食と農のシリコンバレー「新富アグリバレー」に本社を置くロボティクス企業だ。

同社の自動収穫ロボットは、農家にとって最も大きな解題である「収穫の際の人手不足」を解決するもので、地元農家の声を反映した安価でシンプルな収穫ロボットだという。

アグリストの自動収穫ロボットは、2019年11月に新富アグリバレーで開催された「スマート農業サミット in 宮崎」にも出展され、ピーマンを対象に行われた実演では連続5個の収穫に成功。現在は、「ハウス等で使用する野菜等を自動で収穫できる吊り下げ式のロボット」として、PCT(Patent Cooperation Treaty)国際特許への申請も行われている。

同社では、農業用ロボットの開発のほか、人工知能やソフトウェアの開発にも取り組んでおり、2019年に開催された宮崎県の地域資源を生かすビジネスコンテスト「MIYAZAKI TECH PLANTER」では、「パナソニック・アプライアンス社賞」を受賞した。


つくば市はプロジェクトを通じ、「先端技術や近未来技術を呼び込むことで、市民生活の向上、行政上の課題解決、業務効率化を図り、地域経済の活性化につなげたい」としている。


つくば市未来共創プロジェクト
https://www.city.tsukuba.lg.jp/shisei/torikumi/kagaku/1006957.html
アグリスト株式会社
https://agrist.co/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。