AI×IoTサービス「ハタムスビあそぼ」がスタート 畑マッチング「ハタムスビ」をより身近に

株式会社マイファームが展開する畑と人を結ぶマッチングサービス「ハタムスビ」は、株式会社Rootの開発した「スマート体験農園システム」との連携を開始した。

AI×IoTを活用することで、自宅からでも気軽に畑とつながれる新サービス「ハタムスビあそぼ」の提供を始める。

空き地を活用し農を身近に

マイファームが提供するマッチングサービス「ハタムスビ」は、未活用の畑や空き地を活用したい人と、手軽に家庭菜園を始めたい人をつなげるプラットフォームだ。2019年にリリースされ、関東を中心にそのマッチングの数を増やし、生活の中への農の接点を新しい形で作っている。

同サービスの特徴のひとつにあるのが「ハタムスビBOX」。マッチングしてできた野菜づくりができる各区画にひとつずつ設置されており、簡易なツールボックスとして活用されるだけでなく、AIやIoTテクノロジー機能が詰め込まれている。

AIやIoTを駆使して自宅から畑を楽しむ



今回Rootが開発した「スマート体験農園システム」との連携により、「ハタムスビあそぼ」のサービスを開始。ハタムスビ利用者が野菜づくりを楽しんで自宅に帰った後でもWEBを通じて畑を楽しめるという。VRやドローンによる畑の映像や、気象データによる予測シミュレーター、Twitterで「ハタムスビくん」とのAIチャット、BOXの畑チェックイン機能と連携したランキングなど、新たな畑の楽しみ方を提案する。

マイファームは、コロナウイルス終息後を見据えて、畑を耕すという健康な暮らしと自宅でも楽しめる実益と趣味を兼ねたライフスタイルを提供する。目標として、2022年にハタムスビ2000区画の運営、スマート体験農園システム「ハタムスビあそぼ」を含むSNSなどの登録会員数1万名を目指すとしている。


株式会社マイファーム
https://myfarm.co.jp/

株式会社Root
https://root-farm.com/
ハタムスビ
https://hatamusubi.com
ハタムスビあそぼ
https://hatamusubi-asobo.com
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  2. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。
  3. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。