野菜の収穫時期や市場価格を予測する「DATAFLUCT agri.」、農家も利用可能に

株式会社DATAFLUCTは、野菜の収穫時期や市場価格を予測するサービス「DATAFLUCT agri.(β版)」を2020年4月にリリースした。料金は無料。

「DATAFLUCT agri.(β版)」は、食品メーカーや外食産業など事業者向けに提供してきた「DATAFLUCT agri.」を一般生産者向けに無料開放したもので、同社はβ版の提供を通じ「農業情報の格差を解消することで青果サプライチェーンの最適化を目指す」としている。


DATAFLUCTは、宇宙航空開発機構(JAXA)の職員が出資設立したJAXA認定のベンチャー企業。データとサイエンスの力で社会課題を解決することをミッションに、同機構が保有する知的財産や業務で得た知見を活用した事業活動を行っている。

衛星画像データで収穫時期を割り出し、AIが将来の市場価格を予測する


「DATAFLUCT agri.」は、AIの機械学習と農地衛星画像を活用した農産物の収穫時期・市場価格を予測するサービスだ。

収穫時期の予測は、圃場を撮影した分解能5m以上の高解像度衛星データから、産地の生産状況を割り出され、栽培期間中は画像を連続撮影し生育状況をモニタリングする。
生育状況は「良好」、「遅れ」、「不良」の3段階で評価。

寒波や長雨、台風、病虫害の発生など、生育に遅れが出る際にはアラートで通知を受け取ることができる。

キャベツ圃場の生育状態解析ヒートマップ

市場価格の予測は、過去の価格や気象データを学習したAIによって行われ、契約栽培や市場での価格をモニタリングすることで、1週間後と1か月後の価格を予測する。
市場価格の変動にも対応しており、大幅高騰が予測される際のアラート設定も可能だ。

2020年3月22日時点のDATAFLUCT agri.の価格予測画面市場価格の予測画面

なお、現在DATAFLUCTでは「DATAFLUCT agri.」のさらなる開発に向け、生産現場のモニタリングを希望するパートナー生産者を募集している。条件は、面積10ha以上で栽培品目はキャベツ、価格は無料で予定数に到達次第終了するとのこと。応募期間は2020年4月3日〜5月8日までで、下記のフォームから申込みできる。


パートナー生産者申込みフォーム
https://datafluct.com/service/agri/ 
DATAFLUCT agri.(β版)登録フォーム
https://agri.datafluct.com/
株式会社DATAFLUCT
https://datafluct.com/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  2. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。
  3. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。