IT人材を農業分野にマッチングする「できる.agriコミュニティ」運営開始

ITの利活用促進を通じた農家支援を目的に結成された任意団体、できる.agri 実行委員会(代表:株式会社ルートレック・ネットワークス/代表取締役:佐々木伸一、所在地:神奈川県川崎市)は、10月25日(木)より、農家の挑戦を後押しするコミュニティ「できる.agriコミュニティ」の運営を開始した。

また、できる.agri 実行委員会は8月29日に1周年を迎え、新たにfreee株式会社、ワークスモバイル ジャパン株式会社、一般社団法人TheCAMPus、株式会社Lboseの4社も参画した。


「できる.agri プロジェクト」について

「できる.agri」(できるドットアグリ)は、ITを活用した農業の新しい姿を紹介することで、農業および生産者が抱える課題をITの力で解決するための取り組み。

運営主体となる実行委員会は2017年8月29日に結成され、ルートレックを含む4社・団体が発起人となり、ほか6つの自治体・企業を賛同者として迎えた。

実行委員会の活動として、実際に現場でITを活用して課題解決に取り組む農家や、ITソリューションの提供に取り組む企業キーマンの方々の事例を農家の方々に届けるウェブサイト「できる.agri」の運営、および「できる.agri」発起人ならびに賛同者による、セミナー、勉強会、座談会等を開催し、「農業 × IT」のさまざまな可能性を生産者とともに考えていく場を提供している。


「できる.agriコミュニティ」について

できる.agri実行委員会はこれまで、オンライン/オフラインでのIT農業普及に取り組んでくる中で、農家の方々のIT活用には「アイデア」「ノウハウ」「人手」が不足していることを実感してきたという。そういった課題を解決するためには、クリエイターやエンジニア、マーケッターなどの「非農業領域人材」とのマッチングが有効であり、さらに、彼ら非農業領域人材には、農業分野で自身のスキルを活かしてみたいというニーズがあることも判明してきた。

そのような背景から、「できる.agriコミュニティ」では、生産から経営管理、商品開発に至るまでIT×農業の「人材の六次化交流」の促進に取り組む。初期メンバーとして、阿部梨園の佐川友彦氏(栃木県)など、これまでに「できる.agri」の活動に関わった農家や、実行委員会参画企業のメンバーを中心に30名程度が所属、すでに複数のプロジェクトが進行している。


システム面はワークスモバイルジャパン株式会社が「LINE WORKS」を提供し、プロジェクトチームの組成は株式会社Lboseが運営する「TEAMKIT」と連携。コミュニティの運営は発起人の株式会社am.が取り組む。


IT×農業の“できる”事例

農業においてITの力で“できる”ようになることは、業務のあらゆる場面におよぶ。

たとえば、ある佐賀県のきゅうり農家では、「ゼロアグリ」を活用した潅水・施肥の自動化により、収量が20%増加した。また、栃木県のなし農家では、「freee」による経営管理のクラウド化により工数が79%減に、秋田県のコメ農家では農地管理をアプリ「agri note」で行うことで取引先を15%拡大することに成功した。



今回の新規参加企業・団体と提供サービス

「できる.agri」のこれまでの参加企業・団体と新規参加企業は以下のとおり。


LINE WORKS(ワークスモバイルジャパン株式会社提供)

LINE WORKS(ラインワークス)は、LINEの使いやすさはそのままに、仕事でも安心の「仕事仲間と使えるLINE」。チャット機能に加え、無料通話、掲示板、アドレス帳、メール、予定表、ファイル共有、ログ管理など仕事に必要なすべての機能を1つのアプリで網羅する。すべての機能をスマートフォンだけでストレスなく利用できるよう設計されている。LINEを使ったことがあれば導入教育不要、はじめて仕事でチャットを利用したい人に最適なツール。

TEAMKIT(株式会社Lbose提供)

TEAMKIT(チームキット)は、実績と繋がりで信頼を可視化することで、プロジェクトのメンバー募集や参加を促進する「プロジェクトシェアプラットフォーム」。これまで見えなかった「信頼」を可視化し、これまで巡り合わなかった「縁」を創造することで、“個の時代”に適したプロジェクトの流通インフラを作る。

freee(freee株式会社提供)

freee(フリー)は無料から使える、シェアNo.1のクラウド会計ソフトで、初めての決算書作成や確定申告も簡単に行える。中小企業の経理・会計を自動化し、時間を削減。消費税増税やマイナンバー制度など税制・法制改正に無料で自動対応するから安心。

The CAMPus(一般社団法人TheCAMPus提供)

The CAMPus(ザ・キャンパス)は、インターネットをプラットフォームとした「日本の農業の未来を担う若者たちの“ワクワク”を育むWEB マガジンタイプの学び舎」。農について「知る」「触れる」「鍛える」「伝える」の4つのチャネル運営を通じて、「農」という視点から日本の明るい未来を切り拓く。

<参考URL>
できる.agri
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 大坪雅喜
    おおつぼまさのぶ。1973年長崎県佐世保市生まれ。FARM DOI 21代表(農業者)・アグリアーティスト。 早稲田大学第一文学部史学科考古学専修卒業。学生時代に考古学、水中写真、自然農という世界を覗き込む。2006年9月、義父が営む農業の後継者として福岡県大川の地で就農。農業に誇りを持ち、未来には普通となるような農業の仕組みやサービス(カタチ)を創造していくイノベーションを巻き起こしたいと考える。縁のある大切な人たち(家族)と過ごす物心ともに満たされた暮らしの実現こそが農業経営の最終的な目的。現在、佐賀大学大学院 農学研究科 特別の課程 農業版MOT 在籍中。
  4. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  5. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。