【実証延期】オプティム、農業用ドローンでの補助者なし・目視外飛行による作付確認の実証実験を実施

※2020年6月10日追記・本日の実証実験は、諸事情により延期となりました。

株式会社オプティムは、農林水産省と連携し、「空の産業革命レベル3」(山、海水域、河川、森林等の無人地帯での補助者なし目視外飛行)を実現する実証実験を、2020年6月10日(水)佐賀県杵島郡白石町にて実施する。

使用する農業用ドローンは、オプティムが自社開発した固定翼ドローン 「OPTiM Hawk」。同社は白石町において、すでに2018年7月に、日本で初めてとなるドローンを活用した作付確認の取り組みには成功しているが、さらに農作業の省力化や生産性の向上を図ることを目指す。
※2018年5月28日時点、オプティム調べ。経営所得安定対策等推進業務において、ドローンを活用して麦の作付確認を行う試みとして。
なお、今回は農林水産省の「農業用ドローンの普及拡大にむけた官民協議会」による、「農業分野における補助者なし目視外飛行実証プロジェクト」に参画しており、日本の農業分野で初の事例として実証する。 また、飛行実証は公開で、カメラ撮影も可能となっている。
※2020年6月9日時点、オプティム調べ。固定翼ドローンの補助者なし目視外飛行による農地の空撮を行う試みとして

固定翼ドローン「OPTiM Hawk」

麦の作付確認にかかる時間を96%削減


従来の作付確認は、現地確認作業に多大な時間を要していた。そのため、固定翼ドローン「OPTiM Hawk」により空撮し、その画像を圃場情報管理サービス「Agri Field Manager」上で画像解析することで、効率よく実態確認を行うことを目指した実証を行ってきた。

その結果、営農計画書により申請があった作物を、現地で目視による作付け確認を行った場合、白石町全域の水田の作付確認にのべ約118時間程度を要していたところ、固定翼型ドローンを用いることで、町職員の現地確認に係る作業を5時間程度に削減。町職員現地確認作業を約96%も効率化することに成功した。

この実証は、2018年、2019年に引き続き、2020年も麦で実施しており、飛行性能を向上させた「OPTiM Hawk」にて、バッテリー残量50%を残し安全を確保した上で、町内7315haを3日間で撮影完了した。


なお、作付確認に関する自治体からの問い合わせについては、以下のWebサイトより受け付けている。

農地調査支援サービス「Digital Earth Scanning」Webサイト
https://www.optim.co.jp/agriculture/services/digital-earth-scanning/


実証内容(予定)


実証内容:農業用ドローンの補助者なし目視外飛行による農地の空撮
実証実験予定日時:2020年6月10日(水)12:00~13:00
離発着場所:佐賀県杵島郡白石町 北有明場外飛行場
飛行経路:北有明場外飛行場より離陸し、北東に6㎞飛行し、対地高度145mの上空から約225haの農地を数往復し撮影。撮影後は同飛行場まで戻り着陸。



実証飛行の留意事項
  • 当日は一般公開となり、カメラ撮影も行えます。
  • 視察、取材される方は、当日受付に記名をお願いいたします。
  • 視察、取材される方は、当日は記者証を持参の上、腕章を着用してください。
  • 参加にあたっては、現地担当者の指示、誘導に従ってください。
  • 天候都合により、予定が変更される事がありますので、あらかじめご了承願います。
  • 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、当日発熱等の症状のある方におかれましては、取材をご遠慮願います。また感染拡大防止のため、マスク等をご持参ください。
  • 離発着を行う飛行場は駐車場の限りがあるので、ご協力とご理解お願いします。


農林水産省「農業用ドローンの普及拡大にむけた官民協議会」Webサイト
https://www.maff.go.jp/j/kanbo/smart/drone.html
固定翼ドローン「OPTiM Hawk」Webサイト
https://www.optim.co.jp/agriculture/services/robotics/
農地調査支援サービス「Digital Earth Scanning」Webサイト
https://www.optim.co.jp/agriculture/services/digital-earth-scanning/
経済産業省Webサイト
http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/robot/drone.html

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。