野菜自動収穫ロボットのinaho株式会社、「X-Tech Innovation2018」で最優秀賞

2018年12月4日、福岡市にてデジタルテクノロジーを活用した新しいサービスを広く募集するビジネスコンテスト「X-Tech Innovation2018」が開催され、農業自動化プラットフォームを手がけるinaho株式会社が、ファイナリスト12社の中から最優秀賞を受賞した。


inaho株式会社は、野菜の自動収穫ロボットを軸とした農業プラットフォームを展開する鎌倉のベンチャー企業。収穫に代表される人の判断が必要な農作業をAIとロボティクスで置き換えることで、人手不足や食料問題を解決し、人々がクリティティブな作業のみに注力できる世界を作っていきたいという。

2019年初夏にリリース予定の野菜収穫ロボットは、アスパラガス、キュウリ、ピーマン、ナスなどを一台で収穫できるだけでなく、作物の病害判定や土壌診断等の機能拡張ができる設計となっている。


「X-Tech Innovatin2018」では、開発中の野菜の収穫ロボットを軸とした農業自動化プラットフォームの概要と戦略、ビジョンをプレゼン。農業や屋外作業の自動化、省力化ニーズが拡大する中で、ロボティクスとAI技術で解決していくという弊社の取り組みや今後の戦略、将来性が評価され、見事最優秀賞の受賞につながった。また、スポンサー賞として、富士通株式会社、株式会社ジェイコム九州からも協賛企業賞が授与された。

代表取締役の菱木豊氏は授賞式にて、「自分たちの想像していない多くの分野でお役に立てる可能性やシナジーを感じていただき大変嬉しく思っています。2030年までに日本国内の農家数が半減すると言われていますが、そのとき野菜の価格が2倍になって良いはずはありません。この分野にテクノロジーを入れ新しい価値を作っていくことを皆様と一緒に進めていきたいです!」と想いを述べた。

<参考URL>
X-Tech Innovation公式Webサイト
inaho株式会社
ドローンパイロットシェアリングサービス
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  2. AGRI PICK編集部
    農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園に関するお悩みは全てAGRI PICKにお任せ!AGRI PICKでは、米や野菜の作り方・栽培方法や、品種・品目別の作り方・栽培のコツ、水耕栽培で野菜を上手に育てるコツ、肥料、農薬、農業用具、農業資材、農業機械(トラクター・耕運機)に関するおすすめ情報をまとめて配信します! 農業を始めたい・学びたい人たちのためには、農業の求人・就農に関するおすすめ情報や農業政策、農業イベント情報、貸農園・市民農園情報などのおすすめ情報を配信します。https://agripick.com/
  3. 秋元薫
    料理研究家、米・食味鑑定士、ごはんソムリエ。大手食品メーカー勤務後、ル・コルドンブルーをはじめとする料理学校で世界各国の料理を学びフリーに。企業・雑誌へのレシピ提供、お米コンテストの審査員など幅広く活動。小学生の双子のママでもあり、自身の経験から得意の「お米」以外にも、家庭で手軽に作れるレシピを多数提案している。著書に『帰ってから15分でできる!夜ラクごはん』(ナツメ社)、『毎日食べたい混ぜごはん』(すばる舎)がある。http://www.k-kamado.com
  4. 山口真弓
    管理栄養士、健康咀嚼指導士、母歯ネットワーク認定 むし歯予防マイスター® 「スマイル☆キッチン~ママとベビー&キッズのための料理教室」主宰。10歳と7歳の子どもを持つママ管理栄養士。 実践大学生活科学部卒業、認知症専門病院にて勤務後、結婚・出産を経てフリーランスに。「おいしく楽しく!スマイル☆な毎日が過ごせるように、笑顔あふれる食卓になるようお手伝い!!」をモットーに、900組以上の親子の相談を受け、ママの視点でアドバイスするなど、栄養相談やコラム執筆、レシピ提供、児童館や保育園の料理教室講師など、幅広く活動中。著書に『管理栄養士ママが教える!子どものからだとこころが育つ!6歳までの食事のホント』(すばる舎)、『作り方・進め方が1冊でわかる 決定版 はじめてのおいしい離乳食』(ナツメ社)がある。
  5. 渡邊智之
    わたなべともゆき。一般社団法人日本農業情報システム協会(JAISA)代表理事、スマートアグリコンサルタンツ合同会社(SAC) 代表/CEO、総務省 地域情報化アドバイザー。大手IT企業に入社し、主に各種センサーによる生育関連データ蓄積及び作業記録アプリ等の開発を主導しつつ、農業法人に飛び込み農業を学ぶ。その後農林水産省でスマート農業推進担当として、政府のスマート農業関連戦略策定や現場の普及促進に努める。慶應義塾大学SFC研究所の研究員や、農林水産省や自治体のスマート農業に関する会議の有識者、座長としても参加。著書に「スマート農業のすすめ~次世代農業人【スマートファーマー】の心得~」(産業開発機構株式会社)がある。

RECOMMEND