トラクターの自動運転の開発をサポートするAIキットが発売

株式会社PALTEK、サイレックス・テクノロジー株式会社、株式会社ディジタルメディアプロフェッショナルの3社は、農業機械や建設機械、搬送ロボット等に搭載される自動運転技術の開発をサポートするAIキット「AISG-GDM-ZIAC3-EV-KIT」を共同で開発した。価格は49万8000円(税別)。

今回の開発は、PALTEKが提供するディジタルメディアプロフェッショナル製のAIプロセッサIPを搭載した「ZIA(TM)C3Kit」と、サイレックスが提供する産業用車両向けの無線LANブリッジ「GDM-3250」の連携で実現したもの。
3社は「AISG-GDM-ZIAC3-EV-KITの提供を通じ、自動運転技術の開発をサポートする」としている。


PALTEKは、半導体製品の販売やハードウェア・ソフトウェアなどの設計受託サービスを展開する企業で、日本のエレクトロニクスメーカーの製品開発パートナーとして、仕様検討から試作開発・量産までをサポートする。

サイレックス・テクノロジーは、産業機械や医療機器、ディスプレイ機器などに接続するネットワークやワイヤレス技術の研究開発を行う企業。北米や欧州、中国、インドにも拠点を構えるなどグローバルなビジネスを展開。

ディジタルメディアプロフェッショナルは、AI技術を中心としたIPライセンス、SoC等のモジュール販売ほか受託開発を手がける半導体ベンダー。AIプロセッサIPの提供ほか独自に構築したAIエコシステム等を展開している。

農業用トラクターなど自動運転技術の開発をサポートするAI評価キット


3社が共同開発した「AISG-GDM-ZIAC3-EV-KIT」は、自動運転機能付き農業用トラクターなど自動運転技術の開発をサポートする車両専用のAI評価キットだ。


「AISG-GDM-ZIAC3-EV-KIT」は、自動運転に関する技術の安全性などの評価を目的としており、AIプロセッサIP「ZIA(TM) DV720」を搭載した「ZIA(TM)C3Kit」と、映像対応型のCAN/無線LANブリッジ「GDM-3250」を連携したものという。


AIプロセッサIP「ZIA(TM) DV720」を搭載した「ZIA(TM)C3Kit」

柔軟かつ迅速なディープラーニング(機械学習)が特長のAIモジュール。


映像対応型のCAN/無線LANブリッジ「GDM-3250」

CAN/無線ブリッジ機能によるリモート運用が可能で、映像とCAN情報を同時に伝送する。
防塵・防水・耐震・動作温度・電源/電圧等に優れた耐環境性仕様だ。

「AISG-GDM-ZIAC3-EV-KIT」は、「ZIA(TM)C3Kit」と「GDM-3250」を有線LANで接続するのみで使用できることから、3社は「映像AIを利用した自動化・安全ソリューションの実証開発が早期に開始できる」としている。
製品の出荷は2020年7月から開始する予定で、「GDM-3250」や「ZIA(TM)C3Kit」をすでに使用しているユーザであれば、製品ファームウェアをアップデートするだけで利用できるという。

PALTEK、サイレックス・テクノロジー、ディジタルメディアプロフェッショナルのコメント


農業人口の減少や高齢化、担い手不足など日本の農業を取り巻く環境は年々厳しさを増しており、農林水産省では、これらの課題を解決するために自動運転等の先端技術を活用した「スマート農業」を推進するなど、スマート農業化の動きは加速しつつある。
今後の農業の一翼を担うとされているAIキット「AISG-GDM-ZIAC3-EV-KIT」の開発にあたり、3社は下記のようにコメントした。

株式会社PALTEK(代表取締役社長 矢吹尚秀氏 ) 
「この度、自動運転に不可欠となる無線通信に強みを持つサイレックス・テクノロジーと、弊社が取り扱っているDMP様のZIA(TM)C3 Kit」組み合わせで車両AI評価キットの提供開始ができることを大変うれしく思います。本製品が農業や建築業の担い手不足が叫ばれている世の中に対し、各車両メーカが急務で目指してる自動運転開発加速の一助になれると確信しております。」

サイレックス・テクノロジー株式会社(執行役員グローバルマーケティングセンターセンター長 綱嶋和也氏)
「この度、映像エッジAI機能を実現する「ZIA(TM))DV720/C3 Kit」と連携することで、車両AI評価キットを提供開始できることをうれしく思います。DMPおよびPALTEK両社のエッジAI技術や経験と、サイレックスの無線・ブリッジ製品の組み合わせにより、車両メーカによる自動化ソリューションの開発加速に大きく貢献できると確信しています。」

株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(代表取締役社長CEO 山本達夫氏)
「我々はサイレックス・テクノロジー様およびPALTEK様と一緒にビジネスができることをとてもうれしく思います。農機・建機向けに実績のあるサイレックス社のソリューションと当社が開発したC3モジュールを組み合わせることで農機・建機の自動運転・自律運転の遠隔操作・監視が可能となります。当社は今後もAIを活用した自動運転・自律運転における豊富な開発実績とノウハウを活用し、お客様の課題解決を強力に支援します。」


株式会社PALTEK
https://www.paltek.co.jp/index.html
サイレックス・テクノロジー株式会社
https://www.silex.jp/
株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル
https://www.dmprof.com/jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。