ドローン映像の情報共有システム「Hec-Eye」活用セミナー 7月29日〜30日に開催

一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会と株式会社リアルグローブは、ドローン映像等の遠隔情報を共有するシステム「Hec-Eye(ヘックアイ)」の活用セミナーをオンラインで開催する。定員は30名で料金は無料。

セミナーのタイトルは、「withコロナ時代のドローン活用~Hec-Eyeで情報収集と共有をさらに効率化~」。
農産物の鳥獣被害対策など遠隔での情報共有を考えている自治体や事業者・個人などを対象にしているという。
自治体向けは2020年7月29日(水)に、法人企業向けは2020年7月30日(木)に開催予定とのこと。

2020年6月にオンラインで開催された前回セミナーの様子
救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会は、テクノロジーを活用した人命救助を推進する任意団体。通報や心肺蘇生など人命救助に必要なプロセスにIoTやドローンなどの先端技術でアプローチする。
自治体や企業を対象にドローンの導入や運用のコンサルティングも手がけ、講習会や技能訓練、各種イベントなども開催している。

リアルグローブは、「適量生産と適量消費で地産地消。持続可能な社会を実現する」を目標に事業を展開する企業。
ドローン等の各種IoT機器から取得した情報を地図画面上に集約する遠隔情報共有システム「Hec-Eye(ヘックアイ)」の開発ほかドローンを活用したサービス等を展開する。

「Hec-Eye(ヘックアイ)」の運用方法や活用事例を解説


「withコロナ時代のドローン活用~Hec-Eyeで情報収集と共有をさらに効率化~」は、「Hec-Eye(ヘックアイ)」を使用した日常的な業務や災害対応などの運用について解説するセミナーだ。

2020年6月に開催された前回のセミナーでは、「わかりやすくて実用的」や「平時と災害時の両方で使用できる点が便利」、「操作が簡単そうなので導入へのハードルが低い」など、多数の好評意見が寄せられたという。

今回のセミナーでは、運用に向けた解説ほか新型コロナウイルス感染症への対策など最新の活用事例の紹介が予定されている。セミナーは自治体向けと法人企業向けの2回を開催。料金は無料だが事前申し込みが必要とのこと。

開催概要


自治体向けセミナー
日時 :2020年7月29日(水)14:00~15:30
場所:オンライン(WEB会議システム「Zoom」)
料金:無料
定員:30名
申込み先:https://bit.ly/g-seminar20200729

法人企業向けセミナー
日時 :2020年7月30日(木)16:00~17:30
場所:オンライン(WEB会議システム「Zoom」)
料金:無料
定員:30名
申込み先:https://bit.ly/b-seminar20200730


一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会
https://www.edac.jp/
株式会社リアルグローブ
https://realglobe.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。