みちのく銀行とオプティム、スマート農業普及へ合弁会社を設立


オプティムとみちのく銀行は、2018年1月11日に「農業」分野ならびに「金融」分野において、AIIoTの活用を推進すべく、「AI・IoT戦略的包括提携」を締結した。「AI・IoT戦略的包括提携」は、「地域の一員として存在感のある金融サービス業を目指し、お客さまと地域社会の幸福と発展のためにつくします」という企業理念を掲げているみちのく銀行と、農業、金融をはじめとした、さまざまな産業に日々取り組んでいるオプティムの両社が、AIやIoTなどの技術活用を推進し、「農業」分野と「金融」分野において、新しい価値を人々に提供する事を目指す取り組み。


これまで「AI・IoT戦略的包括提携」の取り組みとして、青森県の基幹産業である第一次産業のさらなる発展を図るべく、オプティムが設立した「スマート農業アライアンス」にみちのく銀行が参画し、実証実験を行ってきた。その結果、実証実験の成果を踏まえ、みちのく銀行との連携をより強化しスマート農業を推進すべく、合弁会社であるスマート農業地域商社「株式会社オプティムアグリ・みちのく」を設立することとなったという。

また、「スマート農業アライアンス」とは、AI・IoT・ビッグデータを活用して“楽しく、かっこよく、稼げる農業”を実現するべく、スマート農業を推進する取り組み。「オプティム・スマート農業アライアンス」へは、農家様だけではなく、企業や金融機関、自治体、大学など、スマート農業を共に実現する未来志向の方々であれば誰でも参画できる。「スマート農業アライアンス」に参画いただいた方々は、「スマートアグリフードプロジェクト」「スマートデバイスプロジェクト」「その他プロジェクト」のいずれかに参加が可能だ。

オプティムアグリ・みちのくでは、生産・販売の両面から青森県の基幹産業である第1次産業の農業を“稼げる農業”にすべく、「スマート農業」を積極的に推進していくという。

■「株式会社オプティムアグリ・みちのく」概要
会社名 : 株式会社オプティムアグリ・みちのく
営業開始日: 2019年2月1日
事業内容 :
1. オプティムのスマート農業ソリューションを活用し生産者と連携した農作物の生産と販売
2. スマート農業に関する総合商社機能の提供
3. スマート農業に関するコンサルティングサービスの提供
4. その他、青森を中心とした地域の発展・貢献に必要なAI・IoTサービスの提供
URL :https://michinoku.optimagri.com/

<参考URL>
株式会社オプティムアグリ・みちのく
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。