農業用ドローンの可能性を探るコンテストとシンポジウム「ドロコン2019 in KAWACHI」茨城で開催

茨城県河内町と株式会社アイ・ロボティクスは、ドローンを使った精密農業の可能性とそのために欠かせないドローンの技術向上をテーマとした、農業利用の可能性を探るコンテスト「ドロコン2019 in KAWACHI」を開催する。昨年に続いて2回目の開催となる。


「ドロコン2019」は、除草剤/追肥の散布に利用可能なドローン技術の開発・開拓を目標とし、目標とする容器の中にBB弾を投下するコンテスト。正確に投下されたBB弾の数によって優勝者が決定し、優勝者には賞金30万円のほか、地元のお米などが賞品として提供される。
ドロコン2019 大会規約(レギュレーション)

さらに今年は、コンテスト前日となる3月8日(金)16:30より、産官学民の農業やロボティクスに精通した有識者が一同に会し、農業の課題解決に貢献できる「農業用ドローンの可能性」を紹介・深堀するシンポジウムも実施する。

イベント
ドロコン2019 in KAWACHI
第2回 農業用ドローンの可能性を探るコンテスト

■日時
2019年3月8日(金)〜9日(土)

■場所
つつみ会館(茨城県稲敷郡河内町金江津7501-2)
ドローンフィールドKAWACHI(茨城県稲敷郡河内町金江津645−227)

■参加費
・ドロコン2019……無料(要事前エントリー)
エントリー方法、レギュレーション等は大会規約(レギュレーション)ページを参照

■スケジュール
2019年3月8日(金)
16:30〜18:00 農業利用に向けた有識者シンポジウム

基調講演
南政樹氏 慶應義塾大学 ドローン社会共創コンソーシアム 副代表

パネルディスカッション
モデレーター :勝俣喜一朗氏(ドローン・ジャパン株式会社 )
パネリスト :伊勢村浩司氏(ヤンマーアグリ株式会社、ライステクノロジーかわち株式会社)、山田浩之氏(サン建設工業株式会社)
場所:つつみ会館大集会室

登壇者(左から、南氏、勝俣氏、伊勢村氏)

2019年3月9日(土)
9:30〜 開会式
場所:つつみ会館
10:30〜15:00 ドローンコンテスト
場所:つつみ運動公園
10:30〜15:30 ドローン体験会
場所:ドローンフィールドKAWACHI(旧金江津中学校 体育館)
10:30〜15:00 模擬店
場所:つつみ会館前芝生広場
16:00〜16:30 表彰式
場所:つつみ会館

■主催/共催
河内町、株式会社アイ・ロボティクス

■協賛
一般社団法人 日本ドローンレース協会(JDRA)

■協力
株式会社ドローンエンタテインメント

■ドローンフィールドKAWACHIについて
〜技術開発をスピーディに、もっと身近に「集積」と「共創」のイノベーションを〜ドローンフィールドKAWACHIは、都心から80分、成田空港から20分の立地にあり、飛行場、実証実験場、研究開発施設、カンファレンスセンター、宿泊施設などを備えた、ドローンに関わる全ての人・モノ・金・テクノロジー・インテリジェンスを集約する総合施設です。
世界では、各産業分野の大手企業と、AI、通信、電池など専門的な要素技術ベンチャー等を同居させた、イノベーションの発火点となるような集積地が生まれつつあります。しかし、国内では地理的要因で、ラボとテストフィールドの物理的な距離が離れており、スピーディな開発が困難で、ドローン産業は世界の後塵を拝しています。
各領域の専門技術者が、最適な環境で開発に専念する環境を求めて、ドローンフィールドKAWACHIは誕生しました。

ドローンフィールド

ドローンラボ

<参考URL>
ドロコン2019公式ホームページ
ドロコン2019公式Facebook
ドローンフィールドKAWACHIホームページ

ドローンパイロットシェアリングサービス
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 大坪雅喜
    おおつぼまさのぶ。1973年長崎県佐世保市生まれ。FARM DOI 21代表(農業者)・アグリアーティスト。 早稲田大学第一文学部史学科考古学専修卒業。学生時代に考古学、水中写真、自然農という世界を覗き込む。2006年9月、義父が営む農業の後継者として福岡県大川の地で就農。農業に誇りを持ち、未来には普通となるような農業の仕組みやサービス(カタチ)を創造していくイノベーションを巻き起こしたいと考える。縁のある大切な人たち(家族)と過ごす物心ともに満たされた暮らしの実現こそが農業経営の最終的な目的。現在、佐賀大学大学院 農学研究科 特別の課程 農業版MOT 在籍中。
  2. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  3. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  4. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。
  5. 中田馨
    一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表理事、中田家庭保育所 施設長。息子が離乳食を食べてくれないという経験から、離乳食に興味を持つ。保育士目線の離乳食講座は5年で3000人が受講。黄金色のかつお昆布だしから作られる「和の離乳食」を推奨している。

RECOMMEND