障がい者雇用支援サービス「IBUKI」、第6FARMをオープン

障がい者雇用支援コンサルティングを行う株式会社スタートラインは、屋内農園型障がい者雇用支援サービス 「IBUKI(イブキ)」の第6FARMを、2019年6月3日に、神奈川県海老名市にオープンする。

障がい者雇用支援コンサルタント

2018年4月の法定雇用率2.2%への引き上げにより、障がい者雇用への企業の対策が急務となっている。特に「障がい者にどのような業務を任せるか(職域開拓)」という声が、スタートラインが障がい者雇用支援コンサルティングを行うなかでも非常に多く集まっており、障がい者雇用を難しく感じるひとつの要因となっていることが明白だ。

このような企業の課題に対して、農業を活用した障がい者雇用が新たな雇用手段の一つとして注目されており、スタートラインでは障がい者がより長く安心して働くことができるサポート付きの就業環境を備えた、屋内農園型の障がい者雇用支援サービス「IBUKI」を2017年8月より開始している。

スタートラインが運営するIBUKIは天候の影響を受けない安全な屋内農園で、導入企業が主に知的障がい者や精神・発達障がい者を雇用し、約50種類のハーブ、葉物野菜、エディブルフラワーの栽培が業務となっている障がい者雇用支援サービス。栽培した作物は、自社の福利厚生として社員へ配るほか、ハーブティー等に加工され、企業のノベルティなどのブランディングツールとしても活用されている。

成果物イメージ

「息吹」という名前は、冬が終わり植物や生き物がいっせいに息吹を吹き返し、活動的になり始めるさまを表している。また、「育つ」「活気がある」「希望を与える」「元気づける」「明るくする」「刺激を与える」等のイメージもあり、働く障がい者に「働く喜び」を感じてもらいたいという想いが込められている。

働く様子イメージ

農作業は土や植物にふれることで精神の安定にもつながり、それぞれの障がい特性に合った仕事ができるという点で、障がい者に適している仕事の一つと考えられている。IBUKIでは主に、障がい特性上作業系の業務にて能力を発揮することができる知的障がい者や精神・発達障がい者が勤務している。

IBUKIでは屋内農園(働く場所)と、障がい者へのサポート体制がセットで提供。サテライトオフィス同様、障がい者雇用支援のプロフェッショナルも常駐しており、安心して働ける環境が整っており、企業にとっても障がい者雇用の促進がしやすいサービスとなっている。

IBUKI外観イメージ

IBUKIのサービスが開始した2017年8月から、これまで計5拠点を開設し、今回の第6FARMについても既に企業からの予約が殺到し、すべて満室となっている。さらに、継続して予約が集まっており、2019年7月を目途に第7FARMの開設準備もスタートしている。

スタートラインが掲げる企業理念はこれからも「関わるすべての人に働く喜びを」。

この理念のもと、2009年創業以来、障がい者の就労、雇用の領域において、「採用」と「雇用後の定着」に重きを置き、サテライトオフィスサービスを運営しており、2016年2月には障がい者向け就職サイト「MyMylink」、2017年8月には屋内農園型障がい者雇用支援サービス「IBUKI」、2018年10月には「インクルMARUNOUCHI」、同年11月には「企業向けカスタマイズ研修」など、障がい者採用・雇用支援の領域でのサービスメニューを拡充している。

<参考URL>
株式会社スタートライン
ドローンパイロットシェアリングサービス
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 渡邊智之
    わたなべともゆき。一般社団法人日本農業情報システム協会(JAISA)代表理事、スマートアグリコンサルタンツ合同会社(SAC) 代表/CEO、総務省 地域情報化アドバイザー。大手IT企業に入社し、主に各種センサーによる生育関連データ蓄積及び作業記録アプリ等の開発を主導しつつ、農業法人に飛び込み農業を学ぶ。その後農林水産省でスマート農業推進担当として、政府のスマート農業関連戦略策定や現場の普及促進に努める。慶應義塾大学SFC研究所の研究員や、農林水産省や自治体のスマート農業に関する会議の有識者、座長としても参加。著書に「スマート農業のすすめ~次世代農業人【スマートファーマー】の心得~」(産業開発機構株式会社)がある。
  2. 三好かやの
    みよしかやの。しがないかーちゃんライター。「農耕と園芸」「全国農業新聞」等に記事を執筆。八王子市ユギムラ牧場でかぼちゃの「いいたて雪っ娘」栽培中。共著『私、農家になりました。』(誠文堂新光社)、『東北のすごい生産者に会いに行く』(柴田書店)等がある。http://r.goope.jp/mkayanooo
  3. 山口亮子
    やまぐちりょうこ。フリージャーナリスト。京都大学卒、北京大学修士課程修了。時事通信社を経てフリーに。主に農業と地域活性化、中国を取材。
  4. r-lib(アールリブ)
    これからのかっこいいライフスタイルには「社会のための何か」が入っている、をコンセプトにインタビュー記事やコラムなどを発信するメディア。r-lib編集長は奈良の大峯山で修行するために、毎年夏に1週間は精進潔斎で野菜しか食べない生活をしている。
  5. 水尾学
    みずおまなぶ。滋賀県高島市出身。大学卒業後、電子機器関連業務に従事。2016年に自家の柿農園を継ぐと同時に、IoT農業の実現を目指す会社、株式会社パーシテックを設立(京都市)。実家の柿農場を実験場に、ITを駆使した新しい農業にチャレンジしています。

RECOMMEND