農林水産省、農業・食関連関係者を対象に「農業DX構想(仮称)」の意見を募集中

農林水産省は、農業者、農業・食関連産業分野の関係者から、農業デジタルトランスフォーメーション(DX)の実現に向けて取り組むべき課題についての意見を、同省ウェブサイトから募集している。期限は2月25日まで。



現場から「農業DX構想(仮称)」実現のための課題を届けるチャンス


日本ではいま、社会全体でデジタル技術を活用した変革に向けた取り組みが進められている。クラウドAIによる分析、ドローンによる輸送、AIによる感情分析など、デジタル技術による新たなビジネスモデルの創出や改変の例も増えてきている。

このことは農業分野においても同様だ。農業者の高齢化や労働力不足に対応しつつ、農業を成長産業としていくためには、農業のデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現が不可欠。現在も実証プロジェクトのような形で、スマート農業として全国各地で課題解決のための取り組みが進められている。

そんななか、農林水産省は、農業DXの実現に向けた取り組みをさらに強力に進めていくため、コロナ禍による社会変容やデジタル社会の実現に向けた大きな流れも踏まえ、農業DXの推進に関する基本的な考え方やさまざまなプロジェクトを「農業DX構想(仮称)」として、2021年3月下旬に取りまとめる予定。1月27日からは「農業DX構想(仮称)検討会」を開催し、農業・食関連産業分野におけるデジタル技術活用の現状や、コロナ禍の下での課題、取り組むべきプロジェクト等について有識者による議論もスタートした。

具体的な論点としては、以下の5つと「その他」の自由記述の選択肢が用意されている。
  • (農業DX構想(仮称)策定の前提として)念頭に置いておくべきデジタルトランスフォーメーション(DX)(デジタル技術を活用した変革)の特質・潮流は何か。
  • 農業・食関連産業のDXを進めるのに有用と考えられるデジタル技術は何か。また、どのように活用できるか。
  • コロナ禍をはじめとする様々な社会的インパクトの中で、農業・食関連産業に大きな影響を及ぼすと考えられるものは何か。
  • 農業や食関連産業が抱える課題の中でデジタル技術の活用により克服できると考えられるものは何か。
  • 農業DX実現に向けたプロジェクトの検討に当たっての基本的視点や留意点は何か。
  • その他

これらに関する意見を、ウェブフォームから2000文字までで直接入力可能。応募するには名前、年代、職業・業種などが必要だ。

意見投稿フォーム

なお、具体的な生産者の現場課題がイメージしにくい方に向けては、「農業DX構想(仮称)策定に当たっての課題について」という別表(PDF)も用意されているので、こちらを一読の上で意見をまとめることをオススメしたい。

募集要領

募集内容:農業DXの実現に向けて取り組むべき課題/踏まえるべき視点
募集期間:2021年2月12日(金)~2月25日(木)
意見の取り扱い:農業DX構想(仮称)検討会で紹介し、本構想策定に向けた議論に活用する予定


意見投稿フォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/j/form/kanbo/joho/210212.html
農業DX構想(仮称)策定に当たっての課題について(PDF)
https://www.contactus.maff.go.jp/j/form/kanbo/joho/attach/pdf/210212-2.pdf

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。