DJI製ドローンの自動飛行&撮影クラウドサービス「DroneDeploy」提供開始

ソフトバンク コマース&サービス株式会社は、米DroneDeploy社のドローン向け商用クラウドサービス「DroneDeploy(ドローンデプロイ)」を、2018年4月24日から提供開始した。


「DroneDeploy」は、ドローンの自動飛行と自動撮影をスマホやタブレットのアプリから簡単に制御できるサービス。利用者が目的に応じたエリアや撮影条件を設定すると、ドローンが自動で離陸/飛行/撮影/着陸までを行い、撮影されたデータはリアルタイムで地図化される。

また、空撮データを用いた3D図面や植生指標データの作成、地表の標高計算といった加工・分析もアプリ上で実行可能。一連の動作はすべてクラウド上で展開されるため、データ処理用の高機能なパソコンなどが不要な上、データ共有も容易となっている。さらに、米DroneDeploy社が運営するApp Marketで提供されている100種類以上のドローン用アプリケーションから、用途や目的に応じたアプリを選び、「DroneDeploy」と組み合わせて利用できる。

「DroneDeploy」は、すでにアメリカ、ヨーロッパ、アジアなど世界約180カ国・地域で利用されており、主に農業や建設、測量業界で注目を集めているという。国内向けに日本語化されたバージョンも販売され、日本語によるサポート窓口も用意される。

「DroneDeploy」に対応するドローンは、以下の中国DJI社製ドローン(2018年4月24日現在)。料金プランは最大撮影枚数や地図のサイズに応じて、無料から有料までのプランが用意されている。

■DroneDeploy対応ドローン
・Mavic Pro
・Phantom 4 Pro / Phantom 4 Advanced / Phantom 4 / Phantom 3 Pro
・Inspire 1 / Inspire 1 Pro (including support for the Zenmuse x5 camera)
・Matrice 100 / Matrice 200 (M200) / Matrice 210 (M210) / Matrice 600


<参考URL>
DroneDeploy
https://dronebank.jp/dronedeploy/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。