農業ベンチャーのレグミン、「NVIDIA Inception Program」のパートナー企業に認定

自律走行型ロボットを活用して農業の効率化を目指す株式会社レグミンは、GPUディープラーニング プラットフォームを提供しているAIコンピューティングカンパニーであるNVIDIA CorporationのAIスタートアップ支援プログラム「NVIDIA Inception Program」のパートナー企業に認定された。


レグミンは、葉物野菜の播種(種まき)から収穫までの作業を自動化するロボットを開発している農業ベンチャー。AI による画像解析で野菜の成長度合の把握や虫食い・病気の早期検知といった品質管理も行う。1月にはインキュベイトファンドを引受先とする1億円の第三者割当増資を実施している。

今回の「NVIDIA Inception Program」の認定により、レグミンはNVIDIAの最新GPUハードウェアの利用やNVIDIAからの技術支援等を受け、AI技術の研究開発の推進を目指す。


NVIDIAはPC向けのGPU(グラフィックス・プロセッサー・ユニット)や付随するグラフィックスソフトウェアの会社として有名だが、近年、CPUだけでなくGPUも併用することで、従来よりもはるかに効率的な演算が可能となり、AIなどのディープラーニング技術の分野に注力。2018年12月にはヤマハ発動機との協業が発表され、自律走行型ロボット開発などでの連携も発表されている。

なかでも「NVIDIA Inception Program」は、人工知能(AI)やデータサイエンスの進歩に伴い業界に革命を起こそうとしているスタートアップ企業を養成することを目的としたプログラム。Inceptionは、仮想インキュベータープログラムとして設計されており、製品開発、プロトタイピング、および導入の段階でクリティカルな状態にいるメンバーを支援する。これには、ハードウェア付与やマーケティングサポートからディープラーニングエキスパートとのトレーニングに至るまで現行のメリットのカスタムセットが含まれている。

<参考URL>
株式会社レグミン
NVIDIA Inception Program

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  2. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。
  3. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。