テックファーム、ドローンで農地管理を行えるアプリとシステムを開発

ソフトウェア開発のテックファーム株式会社(以下:テックファーム)は、ドローンで農地の生育状況を確認するためのアプリとシステムを開発した。NTTドコモのスマート農業ソリューションに採用されている。

ドローンで農地の状態を確認


同システムは、スマートフォンアプリによる自動操縦で農地を撮影し、写真を解析することで生育状況を確認できるというもので、株式会社NTTドコモが提供するドローン農作業支援システムの一部として採用された。病害虫の早期発見や収穫量予測の精度向上など、人手不足の解消・畑の管理効率化に貢献していくとしている。


テックファームが開発したのは、ドローンを自動操縦で畑の上空に飛ばして撮影するAndroidアプリと、そのアプリと連携して撮影した畑の写真を解析するシステムだ。

ドローンを指定の場所に設置し、アプリのボタンを押すだけで自動操縦がスタート。アプリはシンプルなデザインにすることによって操作性を高め、ドローンやスマートフォンを使い慣れてない農業従事者の方でも簡単に扱えるようにしている。

ドローンのスマートフォンアプリ開発は、安全な動作検証を実機で行うために専門的な知識や操縦技術を持つ人材の確保が必要となり、ユーザー企業にとって障壁が高いものとされている。しかし、テックファームの開発担当者は、DJI Japan株式会社が認定を行う操縦者向けの「DJIスペシャリスト」の資格を有しており、アプリ開発からドローンのオペレーションまでワンストップでの提供も可能だ。

また、テックファームが提供するIoTプラットフォーム「MoL」を活用することで、収集したデータを別のシステムと自動連携も可能としているところも特徴となっている。「MoL」は“Monitoring of Location”の略で、ドローン以外にも、温度・位置などの情報を取得する環境センサーやBeaconなどさまざまなデバイスに対応でき、LPWAやWi-Fiといった通信方式も利用環境に合わせて選ぶことが可能。IoTシステムの中でも数少ない“屋外”で利用可能な位置管理機能が特長だという。

今回のシステムはBtoBでの開発となっており、ユーザーはNTTドコモのソリューションとして同社の技術に触れることができる。今後の展開についてテックファームは、「産業用ドローン向けのスマートフォンアプリ開発によって、農業、点検、防災といった幅広い分野でのドローン活用に貢献していきたい」としている。

<参考URL>
テックファーム株式会社

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  2. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。
  3. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。