AIにより栽培方法や病害回避を助ける「e-kakashi」の連携アプリ2種類がリリース

PSソリューションズ株式会社は、農業向けIoTソリューション「e-kakashi(いいかかし)」の新サービスとして、AI(人工知能)を活用したスマートフォン向け栽培ナビゲーションアプリ「e-kakashi Ai(いいかかしアイ)」と、「e-kakashi」のサービスと連携する農作業専用の装置を遠隔で制御するアプリ「e-kakashi Tetori(いいかかしテトリ)」を、7月12日から提供開始した。


「e-kakashi」は、田畑などのほ場から自動で収集した環境データを植物科学の知見を組み込んだAIで分析することで、作物の生育ステージに合わせた最適な栽培方法や病害などのリスク回避策をフィードバックするソリューション。

「e-kakashi Ai」は、一般財団法人日本気象協会が独自に開発した「1kmメッシュ気象情報」を農業用に応用し、ユーザーが登録したほ場周辺の気象情報を表示させるだけでなく、収集した気象情報を植物科学の知見を組み込んだAIが分析し、気象災害への対策や作物の生理障害・病害虫発生の予防方法を事前に提案することで、必要な農作業の判断を助けるアプリ。作物ごとにお薦めの設定がプリインストールされているため、ユーザーは栽培マニュアルを独自で作成する必要がなく、アプリをインストールしてすぐに利用できる。農作物の品質管理や農作業の効率化に役立てることが可能。


「e-kakashi Tetori」は、「e-kakashi」のサービスと連携する専用の装置を遠隔で制御するアプリ。装置を設置したほ場周辺の1kmメッシュ気象情報も参照でき、農作業に必要な判断をサポートする。複数の装置の制御も可能で、農作業の負荷軽減と効率化に貢献する。


第1弾の専用装置として、園芸施設(ビニールハウス)の窓を開け閉めする窓開閉モーターと、水やりを行う灌水バルブの提供を開始。園芸施設を丸ごと刷新することなく、既存の装置に後付けが可能なため、コストを抑えながら栽培をスマート化できる。窓開閉モーターは7月12日から予約受け付けを開始。灌水バルブは2018年度中に発売予定。

なお、7月20日に「e-kakashi」開発をリードするPSソリューションズの戸上崇氏による新サービス説明とトークセッションを実施する。トークセッションでは、PSソリューションズが目指す新しい農業を通した食育や環境問題、文化やテクノロジーの融合などをテーマに、各業界の有識者と対談する予定だ。

■e-kakashi Ai概要
・1kmメッシュ気象情報:日本気象協会が提供する1kmメッシュ気象情報を活用し、農学的知見に基づいて1km四方の範囲の気象を予測するサービス。農業に活用しやすい形で気象情報を提示。設定したほ場の天気、気温、湿度、日射量、風向、風速、降水量を把握できる。
・ナビゲーション機能:1kmメッシュ気象情報を植物科学の知見を組み込んだAIが分析し、簡易的な栽培ナビゲーションを提供。気象災害対策、病害虫発生の予防策、作業適期を提案し、農作業の判断をアシストする。
・アラート通知機能:晴天が72時間以上継続することを予測する「連続晴天アラート」や1時間以内の降水を予測する「降水アラート」のほか、高温、低温、強風など、栽培に役立つ豊富な種類のアラート機能を搭載。最適な防除作業が計画でき、農薬の散布タイミングの効率化や作業時間の削減をサポートする。
・月額利用料
無料(アプリ内課金有り)
・動作環境
iPhone 5s以上、iOS 9.0以上、Android™ 4.4以上
※一部の機種で利用できない場合あり。

■e-kakashi Tetori概要
・遠隔制御:現地に行かなくてもスマートフォンから遠隔で装置を操作できるため、農作業の工数削減に貢献する。
・低コスト:専用装置は単品で購入可能で、既存の装置に後付け可能。コストを抑えながら栽培のスマート化を実現する。
・制御盤不要: ほ場に制御盤を設置する必要がなく、アプリから装置の制御やステータスの確認が可能。また物理的な制御盤が無いため、第三者によるいたずらを防ぐことも可能。
※e-kakashi Tetoriは専用装置とセットでの利用が必要。
・年間利用料
アプリ:無料
基本料金:9,800円/年
窓開閉モーター利用料:18万8,000円/2台1セット/年
※提供開始は2018年7月23日(月)を予定。
・動作環境
iPhone 5s以上、iOS 9.0以上、Android™ 4.4以上
※一部の機種で利用できない場合あり。

イベント概要 かかし★大作戦
日時: 2018年7月20日(金)11:00~17:30
場所: BPM Cafe住所: 東京都世田谷区池尻2-31-24 信田ビル2F
内容:
トークセッション第1部 「農業の再価値化(仮)」 13:00〜14:00
1) 農業AI ブレーン「e-kakashi」の次世代サービスの説明
2) トークセッション
<登壇者>
PS ソリューションズ株式会社 e-kakashi 開発チーム 戸上崇氏
株式会社アグリゲート 代表取締役CEO 左今克憲氏
株式会社FARMFES 代表取締役社長 小平勘太氏

トークセッション第2部「これからの農育(仮)」 15:00〜16:00
1) 農業AI ブレーン「e-kakashi」の次世代サービスの説明
2) トークセッション
<登壇者>
PS ソリューションズ株式会社 e-kakashi 開発チーム 戸上崇氏
株式会社ブラウンシュガーファースト 代表取締役社長 荻野 みどり氏
モデル NOMA氏

<参考URL>
e-kakashi
https://www.e-kakashi.com/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  2. 大坪雅喜
    おおつぼまさのぶ。1973年長崎県佐世保市生まれ。FARM DOI 21代表(農業者)・アグリアーティスト。 早稲田大学第一文学部史学科考古学専修卒業。学生時代に考古学、水中写真、自然農という世界を覗き込む。2006年9月、義父が営む農業の後継者として福岡県大川の地で就農。農業に誇りを持ち、未来には普通となるような農業の仕組みやサービス(カタチ)を創造していくイノベーションを巻き起こしたいと考える。縁のある大切な人たち(家族)と過ごす物心ともに満たされた暮らしの実現こそが農業経営の最終的な目的。現在、佐賀大学大学院 農学研究科 特別の課程 農業版MOT 在籍中。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。