AIにより栽培方法や病害回避を助ける「e-kakashi」の連携アプリ2種類がリリース

PSソリューションズ株式会社は、農業向けIoTソリューション「e-kakashi(いいかかし)」の新サービスとして、AI(人工知能)を活用したスマートフォン向け栽培ナビゲーションアプリ「e-kakashi Ai(いいかかしアイ)」と、「e-kakashi」のサービスと連携する農作業専用の装置を遠隔で制御するアプリ「e-kakashi Tetori(いいかかしテトリ)」を、7月12日から提供開始した。


「e-kakashi」は、田畑などのほ場から自動で収集した環境データを植物科学の知見を組み込んだAIで分析することで、作物の生育ステージに合わせた最適な栽培方法や病害などのリスク回避策をフィードバックするソリューション。

「e-kakashi Ai」は、一般財団法人日本気象協会が独自に開発した「1kmメッシュ気象情報」を農業用に応用し、ユーザーが登録したほ場周辺の気象情報を表示させるだけでなく、収集した気象情報を植物科学の知見を組み込んだAIが分析し、気象災害への対策や作物の生理障害・病害虫発生の予防方法を事前に提案することで、必要な農作業の判断を助けるアプリ。作物ごとにお薦めの設定がプリインストールされているため、ユーザーは栽培マニュアルを独自で作成する必要がなく、アプリをインストールしてすぐに利用できる。農作物の品質管理や農作業の効率化に役立てることが可能。


「e-kakashi Tetori」は、「e-kakashi」のサービスと連携する専用の装置を遠隔で制御するアプリ。装置を設置したほ場周辺の1kmメッシュ気象情報も参照でき、農作業に必要な判断をサポートする。複数の装置の制御も可能で、農作業の負荷軽減と効率化に貢献する。


第1弾の専用装置として、園芸施設(ビニールハウス)の窓を開け閉めする窓開閉モーターと、水やりを行う灌水バルブの提供を開始。園芸施設を丸ごと刷新することなく、既存の装置に後付けが可能なため、コストを抑えながら栽培をスマート化できる。窓開閉モーターは7月12日から予約受け付けを開始。灌水バルブは2018年度中に発売予定。

なお、7月20日に「e-kakashi」開発をリードするPSソリューションズの戸上崇氏による新サービス説明とトークセッションを実施する。トークセッションでは、PSソリューションズが目指す新しい農業を通した食育や環境問題、文化やテクノロジーの融合などをテーマに、各業界の有識者と対談する予定だ。

■e-kakashi Ai概要
・1kmメッシュ気象情報:日本気象協会が提供する1kmメッシュ気象情報を活用し、農学的知見に基づいて1km四方の範囲の気象を予測するサービス。農業に活用しやすい形で気象情報を提示。設定したほ場の天気、気温、湿度、日射量、風向、風速、降水量を把握できる。
・ナビゲーション機能:1kmメッシュ気象情報を植物科学の知見を組み込んだAIが分析し、簡易的な栽培ナビゲーションを提供。気象災害対策、病害虫発生の予防策、作業適期を提案し、農作業の判断をアシストする。
・アラート通知機能:晴天が72時間以上継続することを予測する「連続晴天アラート」や1時間以内の降水を予測する「降水アラート」のほか、高温、低温、強風など、栽培に役立つ豊富な種類のアラート機能を搭載。最適な防除作業が計画でき、農薬の散布タイミングの効率化や作業時間の削減をサポートする。
・月額利用料
無料(アプリ内課金有り)
・動作環境
iPhone 5s以上、iOS 9.0以上、Android™ 4.4以上
※一部の機種で利用できない場合あり。

■e-kakashi Tetori概要
・遠隔制御:現地に行かなくてもスマートフォンから遠隔で装置を操作できるため、農作業の工数削減に貢献する。
・低コスト:専用装置は単品で購入可能で、既存の装置に後付け可能。コストを抑えながら栽培のスマート化を実現する。
・制御盤不要: ほ場に制御盤を設置する必要がなく、アプリから装置の制御やステータスの確認が可能。また物理的な制御盤が無いため、第三者によるいたずらを防ぐことも可能。
※e-kakashi Tetoriは専用装置とセットでの利用が必要。
・年間利用料
アプリ:無料
基本料金:9,800円/年
窓開閉モーター利用料:18万8,000円/2台1セット/年
※提供開始は2018年7月23日(月)を予定。
・動作環境
iPhone 5s以上、iOS 9.0以上、Android™ 4.4以上
※一部の機種で利用できない場合あり。

イベント概要 かかし★大作戦
日時: 2018年7月20日(金)11:00~17:30
場所: BPM Cafe住所: 東京都世田谷区池尻2-31-24 信田ビル2F
内容:
トークセッション第1部 「農業の再価値化(仮)」 13:00〜14:00
1) 農業AI ブレーン「e-kakashi」の次世代サービスの説明
2) トークセッション
<登壇者>
PS ソリューションズ株式会社 e-kakashi 開発チーム 戸上崇氏
株式会社アグリゲート 代表取締役CEO 左今克憲氏
株式会社FARMFES 代表取締役社長 小平勘太氏

トークセッション第2部「これからの農育(仮)」 15:00〜16:00
1) 農業AI ブレーン「e-kakashi」の次世代サービスの説明
2) トークセッション
<登壇者>
PS ソリューションズ株式会社 e-kakashi 開発チーム 戸上崇氏
株式会社ブラウンシュガーファースト 代表取締役社長 荻野 みどり氏
モデル NOMA氏

<参考URL>
e-kakashi
https://www.e-kakashi.com/
スマートアグリフーズ直送便(スマ直)
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 三好かやの
    みよしかやの。しがないかーちゃんライター。「農耕と園芸」「全国農業新聞」等に記事を執筆。八王子市ユギムラ牧場でかぼちゃの「いいたて雪っ娘」栽培中。共著『私、農家になりました。』(誠文堂新光社)、『東北のすごい生産者に会いに行く』(柴田書店)等がある。http://r.goope.jp/mkayanooo
  2. 山口亮子
    やまぐちりょうこ。フリージャーナリスト。京都大学卒、北京大学修士課程修了。時事通信社を経てフリーに。主に農業と地域活性化、中国を取材。
  3. r-lib(アールリブ)
    これからのかっこいいライフスタイルには「社会のための何か」が入っている、をコンセプトにインタビュー記事やコラムなどを発信するメディア。r-lib編集長は奈良の大峯山で修行するために、毎年夏に1週間は精進潔斎で野菜しか食べない生活をしている。
  4. 水尾学
    みずおまなぶ。滋賀県高島市出身。大学卒業後、電子機器関連業務に従事。2016年に自家の柿農園を継ぐと同時に、IoT農業の実現を目指す会社、株式会社パーシテックを設立(京都市)。実家の柿農場を実験場に、ITを駆使した新しい農業にチャレンジしています。
  5. 窪田新之助
    くぼたしんのすけ。農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。 2015年11月に発表される「農業センサス」で明らかになる衝撃の事実! 日本の農地は急速な勢いで大規模化され、生産効率も急上昇……輸出産業となる!! 日本経済団体連合会(経団連)も2015年1月1日、発表した政策提言『「豊かで活力ある日本」の再生』で、農業と食のGDPを合わせて20兆円増やせるとした。これは12兆円の輸送用機械(自動車製造業)よりも大きく、インターネット産業や金融・保険業に肩を並べる規模──日本のGDPは500兆円なので、農業が全体の4%を占める計算になる。「コメ農家は儲けてない振りをしているだけですよ」「本気でやっている専業農家はきちんと儲かっている」など、日本中の農業の現場を取材した渾身のレポートは、我々に勇気を与える。日本の農業は基幹産業だ!日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活自民党農林水産部会長の小泉進次郎氏は語る。「夜間に人工知能が搭載された収穫ロボットが働いて、朝になると収穫された農作物が積み上がっている未来がある」と──。21世紀の農業はAIやビッグデータやIoT、そしてロボットを活用したハイテク産業、すなわち日本の得意分野だ。その途轍もないパワーは、地方都市を変貌させて国土全体を豊かにし、自動車産業以上のGDPを稼ぎ出し、日本人の美味しい生活を進化させる。大好評『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』に続く第2弾!

RECOMMEND