farmo、離れた農地などの撮影にネット環境不要のリモートカメラを開発

IoTで農業課題に取り組む株式会社farmoは、離れた農地や河川などインターネット環境が無い場所でもリモートで撮影できるカメラ「フィールドショット」を開発した。

販売予定価格は7万9200円(税込)で、1年間の無料補償が付いている。初年度は1000台の販売を予定、2023年11月中旬に発売を開始する。

現場に設置しているイメージ

手持ちのスマートフォンを利用して遠隔から撮影


日本の営農指導の現場では、営農指導担当者が離れた畑の生育状況を確認しながら指導を行っている。しかし、実際の現場に行かないと生育状況がわからないことから、労働力の面で大きな課題になっていた。

また、近年の気候変動の影響により災害級の大雨が増えていることから、危険な状況下で街に流れる河川を管理をしている担当者が、地域に複数ある水門を確認するという作業負担を軽減する新たな技術の開発が求められていた。

今回、同社が開発した「フィールドショット」は、GPSを搭載したソーラーパネル一体型のコンパクトなリモートカメラ。

同社独自の通信インフラである「ファーモアンテナ」に対応しているため、Wi-Fiなどのネット環境も要らず、製品が届いたらすぐに利用できる。手持ちのスマートフォンを利用して遠隔からカメラのシャッターを押せば、任意のタイミングで写真を撮影することが可能だ。

監視したい場所に支柱を挿して設置するバッテリー内蔵型の設計になっているため、電池を交換しに行く必要も無い。

データ保存の容量は最大100MBで、クラウド使用料などの月額料金は発生しないが、容量を増やしたい場合は100MBごとに課金する必要があるとのこと。

データが見られる仕組み

全国に設置されているファーモアンテナの状況


株式会社farmo
https://farmo.co.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 田牧一郎
    田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  2. 福田浩一
    福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  3. 加藤拓
    加藤拓
    筑波大学大学院生命環境科学研究科にて博士課程を修了。在学時、火山噴火後に徐々に森が形成されていくにつれて土壌がどうやってできてくるのかについて研究し、修了後は茨城県農業総合センター農業研究所、帯広畜産大学での研究を経て、神戸大学、東京農業大学へ。農業を行う上で土壌をいかに科学的根拠に基づいて持続的に利用できるかに関心を持って研究を行っている。
  4. 大槻万須美
    大槻万須美
    管理栄養士・フードスタイリスト。楽しく食べて健康に。食の大切さを伝えるため、料理教室、バレエダンサーやアスリートのパーソナル栄養サポート、レシピ・コラムの提供など幅広く活動。子どもの頃の毎年の米作り経験から、身近な食体験の重要性についても実感し、おとなと子どもの食育サポートにも力を注いでいる。
  5. 川島礼二郎
    川島礼二郎
    1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
パックごはん定期便