15秒でミニトマトを自動収穫できるAI自動走行型アームロボットの実証実験がスタート

ロボット開発を手がける株式会社スマートロボティクスは、2020年春からの実用化を目指し,ビニールハウス用のAI×自動走行型アームロボット「ミニトマト自動収穫ロボット」の実証実験を開始した。


AI搭載の自動走行型「ミニトマト自動収穫ロボット」


スマートロボティクスのトマト自動収穫ロボットは、ハウス内を自動で移動しながら、ヘタが取れないようにミニトマトを収穫してカゴに詰めることができるロボットだ。

ロボットには、カメラや距離センサーが搭載されており、ディープラーニングによる画像認識技術を用いて、トマトの認識やサイズ判別、収穫判断などが行われる。
2019年3月に同社のオフィス内で行われた、ミニトマト苗の収穫実験では1個あたりの収穫時間『約15秒』を実現した。

収穫作業に使用するロボットハンドは同社が設計開発したもの(技術特許申請中)

開発の背景

高齢化や人手不足が叫ばれている昨今の農業事情において、農作業の約半分を占めるのが「収穫作業」といわれている。

同社は、人手不足の解消や農作業の軽減を目的に、2018年11月から自動野菜収穫ロボットの企画及び設計開発に取り組んできた。今後は、量産に向けたコストダウンを図ると共に、自動走行機能の改良や昼夜での認識機能の向上などにも着手。2020年春の実用化を目指し、収穫時期のみ利用可能なレンタルを中心としたサービスを展開していく方針だ。

「トマト自動収穫ロボット」参考動画

<参考リンク>
株式会社スマートロボティクス
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 槇 紗加
    1998年生まれ。日本女子大卒。レモン農家になるため、大学卒業直前に小田原に移住し修行を始める。在学中は、食べチョクなど数社でマーケティングや営業を経験。その経験を活かして、農園のHPを作ったりオンライン販売を強化したりしています。将来は、レモンサワー農園を開きたい。
  2. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  3. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  4. 福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  5. 窪田新之助
    農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。