「農研機構技報第2号(NARO Technical Report)」がスマート農業を大特集

農研機構は「スマート農業」を特集した農研機構技報 第2号を刊行した。
本冊子は、特集やトピックスなど交えながら、スマート農業を支える農業機械や栽培管理システム、経営評価法などの技術開発といった農研機構の研究技術成果を分かりやすく紹介したものとなっており、農研機構のホームページからも閲覧可能だ。



農研機構技報(NARO Technical Report)とは


農研機構は、開発した研究成果を産業界、農業界、大学、マスコミに発信することを目的に、新しい連携の開拓や成果の実用化を加速させるため「農研機構技報」(英名「NARO Technical Report」)を刊行した。

第2号では、「スマート農業」を支える技術開発の一端を紹介。

年4回、冊子として発行するとともに、農研機構のホームページ上でも公開している。

「スマート農業実証プロジェクト」にもフォーカス 

スマート農業における技術開発および実例、経営的評価など多角的な特集が組まれている同書だが、同機構が取り組む「スマート農業実証プロジェクト」についても注目したい。

同機構では、農業の担い手不足や高齢化が進み、労働力不足が深刻化している国内での課題を受け、2019年度から2年間にわたる「スマート農業実証プロジェクト」を全国の様々な農場で開始。

同プロジェクトではスマート農業技術の実証、全国で行われている69の実証課題の情報発信などをしながらスマート農業の社会実装を推進する活動を行っており、「農研機構技術第2号」では全国規模ではじまったプロジェクトの全貌や具体例がわかりやすく説明されている。


「農研機構技術第2号」目次


  • 特集「スマート農業」4
  • 特集によせて5気候変動対応と営農の効率化に貢献する
  • 栽培管理支援システム6
  • 大区画ほ場乾田直播栽培における
  • 収量マップを活用した精密施肥技術10
  • 野菜用の高速局所施肥機の開発14
  • 楽に真っ直ぐ!自動操舵機能付き田植機の直進性と経済性18
  • 土地利用型経営におけるスマート農業技術の経営的評価22
  • ロボット・自動化農機の安全性検査の実施方法および基準26
  • 窒素施用時期の変更によるナシ発芽不良軽減技術の開発30
  • スマート農業実証プロフェクトが全国でスタート34
  • 農業データ連携基盤WAGRIが本格稼働36
  • 温故知新38


<参考URL>
刊行物詳細 農研機構技報 (NARO Technical Report) No. 2|農研機構
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  2. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。
  3. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。