オプティム、「スマート農業プロフェショナルサービス」を開始 生産者に最適なスマート農業をコンサルティング

株式会社オプティムは、スマート農業向けハードウェア、ソフトウェア、サービスを一括で提供し、スマート農業の課題解決をワンストップで支援する「スマート農業プロフェショナルサービス」を開始。合わせて「パートナープログラム」への参加企業の募集もスタートした。

これまでオプティムでは、スマート農業ソリューションを無償提供し、収穫物を全量買取する「スマートアグリフードプロジェクト」を展開してきた。同プロジェクトでは、生産者のスマート農業に対する課題解決および収益向上に取り組んでいる。

その中でも特に大規模な生産法人や企業においては、スマート農業ソリューションを用いた業務効率化に対するニーズが高いことがわかってきた。そこでこれらのニーズに応えるため、スマート農業に対する課題解決をワンストップで支援する「スマート農業プロフェッショナルサービス」の提供を開始する。

具体的には、生産法人や大規模企業の課題に対し、スマート農業向けハードウェア、ソフトウェア、サービスと同社の農業領域のノウハウを活かしたコンサルティングサービスをあわせて、ワンストップで課題解決を目指す。ドローン、センサー、農業機械、ソフトウェア、デバイスなどの選定については、生産者の状況に最適にマッチするものをベンダーにとらわれずオプティムが行うという。



具体的な取り組み事例


株式会社アグリホープの取り組み事例


株式会社アグリホープでは、収量が安定しないという課題に悩まされていたという。そこでオプティムの知見を活用した対応方針を提案し、ハウス内にセンサーを70台程度設置することで環境データの見える化を実現した。

その結果、植物の成育や収量に影響を与えている環境要因を分析することが可能となり、分析データを活用した環境制御をすることで、生育・収量の改善を実現している。

「建設機械のスマート農業利用実証コンソーシアム」の取り組み事例


これまで水稲栽培では、圃場の見回りに多くの時間が費やされていた。そこで石川県農林総合研究センターが代表機関として、大規模水稲経営における農業ブルドーザとドローンを活用したスマート農業技術体系構築を目指す「建設機械のスマート農業利用実証コンソーシアム」を設立し、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構から業務委託を受けて実証事業を開始。

オプティムは同コンソーシアムへメンバーとして参加し、「Agri Field Manager」と水田センサー30台を導入し、圃場を管理・分析することで、水田の見回りと水管理の作業時間をこれまでの作業時間から40%低減することを目標として実証事業に取り組んでいる。


その他、コア技術を活用したサービス例


「スマート農業プロフェショナルサービス」では、農業向けハードウェア、ソフトウェア、サービスなどの提供に加えて、オプティムが持つAI解析技術、保有している同社の知的財産を活用し、ワンストップでスマート農業に対するニーズに応えていく。

ピンポイント農薬散布テクノロジーと連携した「OPTiM X」の提供


ピンポイント農薬散布を実現する圃場管理サービス「Agri Field Manager」と連携した農業向けドローン「OPTiM X」を活用し、スマート農業のプロフェッショナルを目指す生産者を支援する。



「DRONE CONNECT」の取り組み


手軽にドローンサービスを利用可能にするために、2018年8月からスタートしたドローンパイロットマッチングサービス「DRONE CONNECT」は、依頼する作業内容に応じて最適なパイロットをマッチングしている。各種パイロット育成企業とアライアンスを組んでおり、飛行経験豊富なプロフェッショナルドローンパイロットを数多く有していることもポイント。2019年は麦、水稲、大豆栽培の他に、樹木への農薬散布などでも多数の利用があったという。

事業を通じた技術開発への取り組み


オプティムは事業を通してスマート農業の技術開発にも注力しており、株式会社パテント・リザルトが発刊した、特許・技術調査レポート「ドローン関連技術」にて第8位と、ドローン関連技術の特許群は、日本国内で高い評価を受けているという。

こうした技術とコンサルティングサービスを組み合わせ、生産者に提供していく。

(出典:2019年1月23日、株式会社パテント・リザルト発刊調査レポート、「ドローン関連技術」より。6位以下は有料データのため、オプティム以外の情報は伏せている)

パートナープログラム参加企業の募集


「スマート農業プロフェショナルサービス」では、オプティムのソリューションと連携したいハードウェアおよびソフトウェアメーカーと、販売活動を担う販売代理店を支援するパートナープログラムを準備しており、参加企業を募集している。

「サプライパートナー」は、これまで点在し、分断されていた各種スマート農業に対するソリューションを、オプティム農業ソリューションと連携させることで、ワンストップで利用者に提供するパートナー。「リセールパートナー」は、スマート農業における課題を抱える生産者に、広くオプティムのソリューションの販売活動を担えるパートナーだ。

<参考URL>
「スマート農業プロフェショナルサービス」Webサイト
株式会社オプティム

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 大坪雅喜
    おおつぼまさのぶ。1973年長崎県佐世保市生まれ。FARM DOI 21代表(農業者)・アグリアーティスト。 早稲田大学第一文学部史学科考古学専修卒業。学生時代に考古学、水中写真、自然農という世界を覗き込む。2006年9月、義父が営む農業の後継者として福岡県大川の地で就農。農業に誇りを持ち、未来には普通となるような農業の仕組みやサービス(カタチ)を創造していくイノベーションを巻き起こしたいと考える。縁のある大切な人たち(家族)と過ごす物心ともに満たされた暮らしの実現こそが農業経営の最終的な目的。現在、佐賀大学大学院 農学研究科 特別の課程 農業版MOT 在籍中。
  4. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  5. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。