常識を覆す10人の農業イノベーターたちが登場 新書「農業新時代 ネクストファーマーズの挑戦」発売

文藝春秋は文春新書にて、「農業新時代 ネクストファーマーズの挑戦」を10月18日に発売した。価格は800円(税抜)。



News Picksでも大反響を受けた記事を書籍化


3K、高齢化など衰退産業の代名詞のようにみなされてきた日本の農業だが、就業人口はこの20年で半減、耕作放棄地も40万ヘクタールを超えている。

そんななかで、希少で高品質な産品に特化し、トップブランドを作り上げたり、最新テクノロジーを導入したり、大規模な「植物工場」を立ち上げたり、といったこれまでの常識を覆すやり方で成功をおさめているイノベーターたちの農業が、「未来産業」として注目されている。本書では、そうした新しいリーダーたちを取り上げ、新ビジネスとしての農業を紹介する。

著者の川内イオは、海外移住経験を経てビジネス誌編集部などで勤務後、「規格外の稀な人」を追う「稀人ハンター」として多数のメディアに寄稿。本書はそんな川内が出会った「これまでにない取り組みによって農業界に新風を吹き込んでいる10人」だ。

スマート農業の分野からは、農業の栽培状況などを見える化できる「フィールドサーバ」を生んだ、ベジタリア株式会社の小池氏が紹介されており、他にも、ニューヨーク勤務から就農し、世界一のピーナッツバターを目指す「杉山ナッツ」の杉山孝尚氏や、東大卒の畑に入らないマネージャーとしてクラウドファンディングでも有名になった阿部梨園の佐川友彦氏など、興味深い事例が多数登場する。

仕事も人も面白い! 常識を覆す「ネクストファーマー」たち
・元エリート会計士が作る「究極のピーナッツバター」
・東大卒「畑に入らないマネージャー」が推進する500のカイゼン
・世界の一流シェフを魅了する「ハーブ農園」
・京都の自動化レタス工場が世界を席巻する日
・アマゾンより早い野菜流通革命
・女性「未利用資源オタク」が切り開く新エコシステム
ITのパイオニアが挑む「日本農業を知的産業に」
・悪臭の出ないスーパー堆肥が農業を変える
・毎年完売する100グラム1万円の茶葉の秘密
・岡山の鬼才が生んだ奇跡の国産バナナ

目次

第一章 イノベーターたちの登場
・「世界一の落花生」で作る究極のピーナッツバター」
・4年で500のカイゼン 東大卒「畑に入らないマネージャー」
・世界のスターシェフを魅了するハーブ農園

第二章 生産・流通のシフトチェンジ
・世界が注目する京都のレタス工場
・農業界に新しいインフラを! 元金融マンが始める流通革命
・化粧品、卵、アロマ……休耕田から広がるエコシステム

第三章 常識を超えるスーパー技術
・ITのパイオニアが挑む「植物科学×テクノロジー」
・スーパー堆肥が農業を変える
・毎年完売! 100グラム1万円の茶葉
・岡山の鬼才が生んだ奇跡の国産バナナ

『農業新時代 ネクストファーマーズの挑戦』
著者:川内イオ
定価:本体800円+税
発売日:2019年10月18日(金)
判型:新書判/208ページ
電子版:あり
ISBN:978-4-16-661236-9
発行所:文藝春秋


<参考URL>
農業新時代 ネクストファーマーズの挑戦|文藝春秋BOOKS

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。