フライパンで簡単!残りごはんで作る「五平餅」【ごはんソムリエのお米レシピ】

料理研究家でごはんソムリエの秋元です。この連載ではお米をおいしく食べるために“知っておくと役に立つお話”やレシピをお伝えします。

残りごはんで簡単「五平餅」


朝ドラで一躍有名になった「五平餅」。焼いている時の香ばしい香りには、自然に引き寄せられてしまいますよね。モチモチとした食感と、どこか懐かしい甘辛いたれの味わいは、大人からお子様までみんなが好きな味。

きちんと作ろうと思うと、すり鉢やすりこぎなどの道具が必要になりますが、今回は誰でも簡単に作れるよう、ラップやポリ袋、フライパンを使った作り方をご紹介したいと思います。

材料も身近なものが多く、くるみは無ければ入れなくてもOK。ねり胡麻はピーナツバターで代用したり省いても作ることはできます。

たれは作りやすい分量にしていますので、残りはスナップえんどうやいんげん、ブロッコリーなどの茹で野菜と和えても良いですし、五平餅のお代わり用にしても。

ごはんをラップに包んでつぶす作業は、ぜひ楽しんでください! お子様にも任せることができますし、終わったらラップを捨てるだけで洗い物もありません。たくさん作る場合には、ホットプレートで焼くのがオススメ。作るのも食べるのも楽しいおやつになることでしょう。

「五平餅」の作り方


<材料(小8個分)>

・ごはん(炊いたもの):お茶碗1杯分(150g)
【たれ(作りやすい分量)】
・砂糖:大さじ2
・味噌、ねり胡麻(省いても、ピーナツバターでもOK)、すり胡麻、日本酒:各大さじ1
・くるみ(あれば):5粒

1.ごはんをラップにはさみ、瓶の底や手の甲を使って7〜8割つぶす。くるみはポリ袋に入れ、同様に砕く。たれの材料を混ぜ合わせる。



2.1のごはんをラップの上から箸などで大まかに8等分にする。


3.ラップを外し、手をぬらして竹串や木のピックに握りつけて平らな楕円に成形し、くっつかない加工がされたアルミホイルの上にのせる。


4.3をアルミホイルごとフライパンに移し、両面各2分中火で焼く。


5.たれを塗り、表面が色付くまで両面香ばしく焼く。


焼き方について
ごはんや味噌が張り付かないよう、くっつかないタイプのアルミホイルやオーブンシートを敷くと焼きやすいです。フライパンの他、オーブントースターや魚焼きグリルでも構いません。お味噌が香ばしく焼ければ完成です。


焼きたてあつあつの五平餅は、寒いこの季節にぴったり。おやつや朝食に、ぜひ作ってみてくださいね。
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  4. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  5. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。