フライパンで簡単!残りごはんで作る「五平餅」【ごはんソムリエのお米レシピ】

料理研究家でごはんソムリエの秋元です。この連載ではお米をおいしく食べるために“知っておくと役に立つお話”やレシピをお伝えします。

残りごはんで簡単「五平餅」


朝ドラで一躍有名になった「五平餅」。焼いている時の香ばしい香りには、自然に引き寄せられてしまいますよね。モチモチとした食感と、どこか懐かしい甘辛いたれの味わいは、大人からお子様までみんなが好きな味。

きちんと作ろうと思うと、すり鉢やすりこぎなどの道具が必要になりますが、今回は誰でも簡単に作れるよう、ラップやポリ袋、フライパンを使った作り方をご紹介したいと思います。

材料も身近なものが多く、くるみは無ければ入れなくてもOK。ねり胡麻はピーナツバターで代用したり省いても作ることはできます。

たれは作りやすい分量にしていますので、残りはスナップえんどうやいんげん、ブロッコリーなどの茹で野菜と和えても良いですし、五平餅のお代わり用にしても。

ごはんをラップに包んでつぶす作業は、ぜひ楽しんでください! お子様にも任せることができますし、終わったらラップを捨てるだけで洗い物もありません。たくさん作る場合には、ホットプレートで焼くのがオススメ。作るのも食べるのも楽しいおやつになることでしょう。

「五平餅」の作り方


<材料(小8個分)>

・ごはん(炊いたもの):お茶碗1杯分(150g)
【たれ(作りやすい分量)】
・砂糖:大さじ2
・味噌、ねり胡麻(省いても、ピーナツバターでもOK)、すり胡麻、日本酒:各大さじ1
・くるみ(あれば):5粒

1.ごはんをラップにはさみ、瓶の底や手の甲を使って7〜8割つぶす。くるみはポリ袋に入れ、同様に砕く。たれの材料を混ぜ合わせる。



2.1のごはんをラップの上から箸などで大まかに8等分にする。


3.ラップを外し、手をぬらして竹串や木のピックに握りつけて平らな楕円に成形し、くっつかない加工がされたアルミホイルの上にのせる。


4.3をアルミホイルごとフライパンに移し、両面各2分中火で焼く。


5.たれを塗り、表面が色付くまで両面香ばしく焼く。


焼き方について
ごはんや味噌が張り付かないよう、くっつかないタイプのアルミホイルやオーブンシートを敷くと焼きやすいです。フライパンの他、オーブントースターや魚焼きグリルでも構いません。お味噌が香ばしく焼ければ完成です。


焼きたてあつあつの五平餅は、寒いこの季節にぴったり。おやつや朝食に、ぜひ作ってみてくださいね。
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。