「育ち盛りのお子さんに食べてほしい!」能登でひゃくまん穀を育てる裏さん【スマート米2022農家紹介】

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米作りをしている「スマート米」。先進のIT技術を利用し、農薬や肥料の使用量を最小限に抑えて育てたお米です。特別栽培米や残留農薬不検出のお米も。各地のおいしい銘柄をラインナップしています。

今回は石川県能登半島で「ひゃくまん穀」を作っている裏 貴大さん(株式会社ゆめうらら)に、2021年の新米や米作りについて聞きました。

■裏さんのスマート米「能登 ひゃくまん穀」はこちら
スマート米2022(R3年度産米)スマート米 石川県産 ひゃくまんごく 1.8kg


裏さんが作る「ひゃくまん穀」はどんなお米?


「ひゃくまん穀」は、石川県で9年かけて開発され2017年にデビューした新しいお米です。その特徴は何と言っても、お米の粒ひとつひとつが大きく、食べ応えがあること。粘りが強くもっちりとしており、お米自体の旨みを味わえます。

裏さんはひゃくまん穀について、「スポーツ系の部活をやっている育ち盛りのお子さんにがっつり食べていただきたいですね。冷めてもおいしいのでお弁当にもぴったりだと思います」と魅力を話します。

裏さんがひゃくまん穀を作っている能登半島は、昼夜の寒暖差や豊かな土壌、清らかな雪解け水と、おいしいお米が育つ好条件がそろった地域。さらに、ゆめうららの水田は「米・食味鑑定士協会」の「環境特A地区」認定を受けており、水質や生物の生息の調査を経て安全性が証明されています。

おいしさだけでなく、誰でも安心して食べられることにこだわった米作りをしているんですね。

スマート米2022(R3年度産米)スマート米 石川県産 ひゃくまんごく 1.8kg

中心メンバーは20代。スマート農業で持続可能な米作りを目指す


ゆめうららがある志賀町は、自然のなかに棚田が並ぶ、能登半島の典型的な中山間地で、過疎化や高齢化、耕作放棄地の増加などの課題を抱えています。

今回、お米作りの中心メンバーである若い世代で地域の課題解決に取り組もうと、AIやドローンを活用したスマート農業を取り入れました。ドローンで防除を行い、農薬の使用量もしっかり減らすことができたそう。

なお、購入タイミングを迷っていたドローンは、オプティムの「スマートアグリフードプロジェクト」を活用することで機材を無償でレンタル。ドローンを試してみたい農家にはぴったりだと言います。


ドローンの導入は、省力化や効率化以外にも大きなメリットがありました。

「なんといっても大きな効果は、若いメンバーのモチベーションがすごく上がったことです。自分たちでドローンを飛ばし、その効果がしっかりと出て、秋にはこれまで以上に品質の高い『ひゃくまん穀』を収穫することができました。自分たちで行ったことの成果がしっかりと出て、さらに意欲的に農業に取り組んでいます」と裏さん。

今後についても、「これまでも私たちは、若者たちが農業に入ってきてくれる環境作りのためにさまざまな取り組みをしてきましたが、ドローンを飛ばしたい! といって農業に入ってくれる若者が出てきてくれるといいなと思っています」と語ってくれました。

若い力で育んだ裏さんの「ひゃくまん穀」をぜひ一度食べてみてください。

■裏さんのスマート米「能登 ひゃくまん穀」購入はこちらから
スマート米2022(R3年度産米)スマート米 石川県産 ひゃくまんごく 1.8kg


■せっかく新米を選ぶなら「あんしん」にこだわりませんか


今年の新米は、どの産地のどんな銘柄のお米を選びますか? お米を選ぶときは、自分好みの味わいだけでなく“栽培方法”も大事なポイントです。農薬や化学肥料の使用量を抑えて育てられた、子どもや家族みんなにあんしんなお米を選びたいですね。

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米作りをしている「スマート米」は、先進のIT技術を利用し、農薬の使用量を最小限に抑えたお米です。特別栽培米や残留農薬不検出のお米、白米と同じように手軽に炊けると人気の「無洗米玄米」もそろっています。

おなじみのコシヒカリから、ご当地で人気の銘柄までをラインナップ。

お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 堀口泰子
    栄養士、食アスリートシニアインストラクター、健康・食育シニアマスター。フィットネスクラブ専属栄養士を経て独立。アスリートの食事指導や栄養サポートの他、離乳食から介護予防まで食を通じて様々な食育活動を行う。料理家としても活動し、レシピ提案、商品開発も担う。食事は楽しく、気負わず継続できる食生活を伝えることを信条とする。スポーツの現場ではジュニアの育成、競技に向き合うための心と体の成長に注力している。HP:https://eiyoushiyakko.jimdofree.com/
  2. 大槻万須美
    管理栄養士・フードスタイリスト。楽しく食べて健康に。食の大切さを伝えるため、料理教室、バレエダンサーやアスリートのパーソナル栄養サポート、レシピ・コラムの提供など幅広く活動。子どもの頃の毎年の米作り経験から、身近な食体験の重要性についても実感し、おとなと子どもの食育サポートにも力を注いでいる。
  3. 田牧一郎
    たまきいちろう。68歳。日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  4. 田中克樹
    たなかかつき。32年間の農業出版社勤務を経て、2020年末、故郷の八ヶ岳南麓に帰郷。仲間と共に農業・福祉系NPOを立ち上げ、遊休農地・耕作放棄地を再生し、心身の癒しや健康づくりにつながる有機無農薬の体験型農園づくりに取り組む。NPOでは田んぼ除草にホバークラフトを活用したスマート技術を開発中。農と風土(フード)を愛する人たち向けのブックカフェ・居酒屋を開くのが夢。
  5. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
AI・IOTでDXを推進する企画・セールス・エンジニア大募集