内側からキレイになるには「お米」がおすすめ! 潤いとハリ・腸内を整える

主食としてよく食べられている「お米」が、実は美容にもいいことを知っていますか?

美容への意識はいまや、性別を問わず関心を持つ人は多いのではないでしょうか。

今回は美容の観点から、お米(ごはん)のメリットをご紹介します。


美しいボディラインをつくる


美しいボディラインといえば、「余計な体脂肪がない」、「適度に筋肉量がある」、「キュッとしまったウエスト」といった、メリハリのあるカラダを連想するのではないでしょうか。

筋肉量は基礎代謝量に比例するので、筋肉量が増えればエネルギー代謝が高くなり、体脂肪を蓄えにくいカラダをつくることが期待できます。筋肉量を維持するためには適度なエネルギー摂取が必要です。無理な食事制限をすると、体のたんぱく質がエネルギーとして利用され、筋肉量を減らして体脂肪率を増やしてしまう原因になりかねません。

筋肉量を維持し、体脂肪を増やさないためにも、ごはん食(お米)を中心とした栄養バランスの良い食事を摂ることが美しいボディラインをつくるための一歩となるのです。

さらに、体脂肪と筋肉の重量を比較すると、同じ体積では筋肉の方が重いので、体重の増減だけに一喜一憂するのではなく、サイズや引き締まり方に着目することも大切です。見た目のサイズがわかりやすい、キュッとしまったウエストラインをつくるために着目しておきたいことはお通じです。お通じが悪く、ガスが溜まりがちなぽっこりとしたお腹では美しいウエストラインをつくることはできません。

そこでも活用したいのがごはん食です。

お米には腸内環境を整える助けをする食物繊維が含まれています。さらにお米は主食の中でもそしゃくを促してくれる食品です。噛んで食べる必要があるので、そしゃくをすると胃腸の筋肉が連動して動き、腸のぜん動運動が活発になることでお通じがよくなります。お米を食べることで腸内環境を整える助けになるほか、スッキリとしたウエストのくびれをつくることにも期待が持てそうです。

潤いとハリをもたらす


人のカラダは体重のおよそ60%が水分で、常に一定に保たれています。その水分量は年代によって変化します。新生児で約80%、成人男性は60%、成人女性は55%、高齢になると50〜55%と加齢とともに少なくなるといわれています。


カラダに摂り入れる水分は飲みものだけでなく、食べものからの摂取も多いことは意外と知られていないかもしれません。食べものに含まれる水分の多くは食物由来の食品です。さらにパンよりもお米、ごはんとみそ汁といった和食には食事から摂取できる水分が多いことに気づかされます。

また、カラダの水分量に男女差があるのは、水分は筋肉中にも蓄えられるからです。先ほどお伝えしたように、しっかり食事を摂ることで適度な筋肉量を維持し、カラダの水分量も保つことが、潤いとハリのある若々しいカラダづくりの助けにもなるのです。

内側からキレイになる



人のカラダは体内で不要となった余分な老廃物を体外に排出して、体を整える力を持ち合わせています。体調やカラダのバランスが崩れるとその老廃物を排出しにくくなります。

カラダの内側からキレイになるために心がけたいことは体温と腸内環境です。体温が低いと血液の循環も悪くなり、老廃物も溜まりやすくなります。

お米は米粒をよく噛んで食べる必要があります。食べものをよく噛んでゆっくり消化すると、消化器官が活発に活動します。その時に発生するエネルギーを食事誘発性熱産生といいます。お米をよく噛んで食べることで食事誘発性熱産生の助けとなるのです。

さらに、よく噛んで食べて胃腸を動かすことは、腸内の不要なものを排出しやすくするため、環境を整えることに繋がっています。良い腸内環境で消化吸収された栄養は血液を介してカラダの細胞に届けられます。

また、お米は添加物が入らない点もうれしいですね。体温を保ち、血液の循環を良くすることを心がけて、腸内環境を整える。カラダの内側からキレイになるために、ごはん食は賢い食事の選択肢であることがわかります。

お米のメリットまとめ
  1. 栄養バランスのいい食事になる
  2. 食事の保水性が高い
  3. 体温を保ち、腸内環境を整える

いかがでしたか。お米を上手に食べて美容の土台づくりにお役に立てください。

堀口泰子
栄養士、食アスリートシニアインストラクター、健康・食育シニアマスター。フィットネスクラブ専属栄養士を経て独立。アスリートの食事指導や栄養サポートの他、離乳食から介護予防まで食を通じてさまざまな食育活動を行う。料理家としても活動し、レシピ提案、商品開発も担う。食事は楽しく、気負わず継続できる食生活を伝えることを信条とする。スポーツの現場ではジュニアの育成、競技に向き合うための心と体の成長に注力している。HP:https://eiyoushiyakko.jimdofree.com/

■減農薬のあんしん・安全なお米を選ぼう!


毎日食べるお米は、子どもや家族みんなにあんしんな商品を選びたいですね。

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米づくりをしている「スマート米」は、AI・ドローンなどを利用し、農薬の使用量を最小限に抑えたお米です。

玄米の状態で第三者機関の検査により「残留農薬不検出」と証明されたお米、農林水産省ガイドライン「節減対象農薬50%以下」のお米、そして「特別栽培米」もお選びいただくことができます。

各地の人気銘柄から、あまり見かけない貴重な銘柄をラインナップ。お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 槇 紗加
    1998年生まれ。日本女子大卒。レモン農家になるため、大学卒業直前に小田原に移住し修行を始める。在学中は、食べチョクなど数社でマーケティングや営業を経験。その経験を活かして、農園のHPを作ったりオンライン販売を強化したりしています。将来は、レモンサワー農園を開きたい。
  2. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  3. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  4. 福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  5. 窪田新之助
    農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。