黒石市の雪解け水で作ったスマート米「まっしぐら」【青森県・株式会社アグリーンハート<前編>】

株式会社オプティムアグリ・みちのくのスマート農業の実施&収穫物の全量買取を行う「スマート農業アライアンス」参加生産者の声を聞くインタビュー企画。

今回は、青森県黒石市で農業法人を営む株式会社アグリーンハート代表取締役の佐藤拓郎さんです。

代表取締役の佐藤さん(写真左)とドローンの操縦を担当する竹谷さん(写真右)

実は佐藤さん、ミュージシャンやタレントとして青森県内で活躍されている、地元では有名な方なんです。農家としては6代目で、高校を卒業してすぐに実家を手伝うかたちで、ミュージシャン兼農家として就農。2017年1月に満を持して株式会社アグリーンハートを設立、翌年にはグローバルGAPを、さらに水稲の一部と野菜に関しては自然栽培で、その圃場は有機JAS認証も取得しています。

前編では、法人を立ち上げた理由、自身の農業観、今年栽培しているスマート米についてうかがいました。


将来的な規模拡大に向けて人材に投資中

ーーまず、アグリーンハートという法人を立ち上げるまでのお話しを聞かせてください。

アグリーンハートは、水稲主体の農業を営む農業法人です。経営の特徴として、市内の休耕地だった場所を新たに自然栽培で農地に変えるという活動をしています。

音楽活動の方は、歌をCMなどに提供するミュージシャンとして、またタレントとして地元のテレビ番組なんかにも出ています。青森の中でというか、地元の方々からは期待していただけていると思います。

経営面積は57haです。そのうちの9haが自然栽培で、7.5haが水稲、1.5haが野菜などの畑です。パートも含めて10人くらいで経営しています。立ち上げた2017年時点では33haだったんですが、この2年間で135%面積を広げました。

ーー休耕地を自然栽培で広げるという活動をされているとのことですが、今後も規模は拡大していく予定ですか?

いまのところは、自分で広げるのは休耕地での自然栽培だけにしたいと思っています。というのも、黒石市はまだ50代後半から60台前半の若い農家が健在なので、慣行栽培の田んぼは自分から手放そうとはしないと思うんです。

ただ、もし譲りたいという方が増えてきたらお受けできるように、現状は社員に余剰投資している状態です。


法人は「地域に浮かぶ船」、経営者は「船長」

ーーご実家も農家だったとのことですが、法人として独立されたきっかけは?

私で6代目なのですが、地域の未来を考えた時にやっぱり法人でないといけないと考えて、私が2年前に創業しました。それまでは父の経営体の中で作業員として働くかたちで、農業を基本としつつ音楽活動やタレント活動もしていました。いわゆる家族経営ですね。

そもそも父の経営体は複合形態で、水稲と施設園芸などいろいろ取り組んでいて、最初はその一部を法人化する予定でした。ただ、法人化の1週間前くらい前に「やっぱり水稲だけ法人化してくれ。野菜の方は自分がやる」と言い始めまして(笑)。

結果として、私が代表となって立ち上げたのが株式会社アグリーンハートです。父は父で施設園芸でトマトなどを栽培しています。私も私で自然栽培で有機野菜を手がけています。

この記事の続きを読むには、ログイン、およびアライアンス会員登録(無料)が必要です。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  2. 大坪雅喜
    おおつぼまさのぶ。1973年長崎県佐世保市生まれ。FARM DOI 21代表(農業者)・アグリアーティスト。 早稲田大学第一文学部史学科考古学専修卒業。学生時代に考古学、水中写真、自然農という世界を覗き込む。2006年9月、義父が営む農業の後継者として福岡県大川の地で就農。農業に誇りを持ち、未来には普通となるような農業の仕組みやサービス(カタチ)を創造していくイノベーションを巻き起こしたいと考える。縁のある大切な人たち(家族)と過ごす物心ともに満たされた暮らしの実現こそが農業経営の最終的な目的。現在、佐賀大学大学院 農学研究科 特別の課程 農業版MOT 在籍中。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。