“農家を育てる会社”テレファームと楽天が挑む「新規就農×オーガニック」

中山間地の愛媛県大洲市に、楽天の子会社である農業法人テレファームがある。同社は2008年に創業し、有機野菜の栽培や加工を手がける。

代表取締役の遠藤忍さんは2007年、農業を変えることで高齢化や人口減に悩む田舎を元気にしたいと一念発起。脱サラして新規就農したものの、農地を借りるにも取得するにも、販路を拡大するにも苦労続きという厳しい現実にぶつかる。実体験に基づき、新規参入でも農業ができる仕組みをつくってきた。

テレファーム代表取締役の遠藤忍さん。楽天農業事業部のジェネラルマネジャーも兼ねる
 
大洲市の大型の量販店や全国チェーンの店舗が国道沿いに並ぶエリアを郊外に向かって車で走っていくと、赤い丸に「R」の文字が白抜きされた楽天のロゴマークが目に飛び込んでくる。2016年に楽天と提携し子会社になったテレファームの社屋の目印だ。

同社は「農家を育てる会社」を自認している。愛媛県内で計8ヘクタールを耕作し、約40人の従業員を雇用する。取材で訪れた日は20代と30代の従業員数人が研修を受けている最中だった。

この記事の続きを読むには、ログイン、およびアライアンス会員登録(無料)が必要です。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 大坪雅喜
    おおつぼまさのぶ。1973年長崎県佐世保市生まれ。FARM DOI 21代表(農業者)・アグリアーティスト。 早稲田大学第一文学部史学科考古学専修卒業。学生時代に考古学、水中写真、自然農という世界を覗き込む。2006年9月、義父が営む農業の後継者として福岡県大川の地で就農。農業に誇りを持ち、未来には普通となるような農業の仕組みやサービス(カタチ)を創造していくイノベーションを巻き起こしたいと考える。縁のある大切な人たち(家族)と過ごす物心ともに満たされた暮らしの実現こそが農業経営の最終的な目的。現在、佐賀大学大学院 農学研究科 特別の課程 農業版MOT 在籍中。
  4. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  5. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。