「太陽熱処理」を題材に、農業IoTについて考える 【「有機農業とワタシとITと」第4回】

暑い⽇が続いています。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
埼玉県小川町の久野農園園主、久野裕一です。
連⽇35度を超える中、秋冬菜の準備作業が続いています。

ロボット、ドローン、センサー、植物工場などハードの進化は素晴らしいものがあります。⼀方で、そのようなハードを活用して儲かる農業につなげるソフトの部分については、ブラックボックスとなっている部分が多いのが実状です。

IoTと儲かる農業経営の間に横たわる溝について考察するコラム
今回は、「太陽熱処理」をテーマに、農業現場におけるIoTの使い方と試験場での使い方の違いや、もう少し現場的な観点からIoTの活用手法について考えてみたいと思います。


有機農法のひとつ「太陽熱処理」とは?

太陽熱処理とは、薬剤による⼟壌消毒や化学的農薬散布による病害⾍対策を選択しない有機農業の世界で、以前から注目されている栽培工程管理手法の⼀つです。⼀言で太陽熱処理といっても、目的や効果が地域によって様々ですので、あらためて太陽熱処理に関して最大公約数的な考え方をまとめてみました。

⼿法
施肥、畝作りを行った畑に潅⽔し(あるいは降雨を待って)⼟中⽔分を確保し、透明ビニールマルチを張って高温を⼀定期間維持する土壌処理方法

効果
土作り(団粒構造化促進や、養分の変化を加速する等)、阻害要因の除去(雑草のタネや病原菌、害⾍虫等の死滅)の二つ

課題
自然エネルギーを活用する技術(太陽光、熱、水、微生物等)であるため、従来の臭化メチル活用の⼟壌消毒等と⽐べ、環境負荷低減の観点から注目されている⼀方、天気に大きく影響を受けるため、作業性や効果をコントロールしにくいところが難点

農業IoTによるセンシング技術を活用した「陽熱プラス」

この太陽熱による土壌処理手法は、従来は勘と経験をもとに⾏われることが多かったのですが、農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業の共同研究によってセンシングを活⽤した「陽熱プラス」という栽培体系も発表されています。

この研究によって、センサーを使って土中の温度の推移を計測し、気象データと合わせることで、おおよその必要な被覆期間の予測を立てられるようになったのです。

試験場ならではの正確性を持ちながら汎⽤的に活用しやすい、素晴らしい研究成果だと思います。このような基礎研究を試験場で⾏ってくれると⾮常にありがたい。現場サイドとしては、基礎研究結果とセンサー、データロガー等を使って、より現場レベルで作業の省⼒化、精度向上につなげていきたいわけですから。

センサーを埋め込むことで、被覆期間の確認が容易になります

この記事の続きを読むには、ログイン、およびアライアンス会員登録(無料)が必要です。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. r-lib(アールリブ)
    これからのかっこいいライフスタイルには「社会のための何か」が入っている、をコンセプトにインタビュー記事やコラムなどを発信するメディア。r-lib編集長は奈良の大峯山で修行するために、毎年夏に1週間は精進潔斎で野菜しか食べない生活をしている。
  2. 奥部諒
    東京大学大学院 学際情報学府 修士1年の奥部諒(おくべ・りょう)です。大学院ではプレゼンテーションをテーマに研究を行い、その傍らプレゼンテーションのコーチ、プレゼン関連製品のアンバサダーなどをしています。2018年より大学院を1年休学し、語学学習と企業インターンを行うために日本を離れています。また、プレゼン以外にもドローンの一次産業利用についての調査も企業とともに行っています。現在非常に注目されているドローンについて世界各国の規制や認識を現地で収集できればと思っています!また、同時に各国のドローンと食の関連性についても同様にシェアできればと思います。
  3. 水尾学
    みずおまなぶ。滋賀県高島市出身。大学卒業後、電子機器関連業務に従事。2016年に自家の柿農園を継ぐと同時に、IoT農業の実現を目指す会社、株式会社パーシテックを設立(京都市)。実家の柿農場を実験場に、ITを駆使した新しい農業にチャレンジしています。
  4. 窪田新之助
    くぼたしんのすけ。農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。 2015年11月に発表される「農業センサス」で明らかになる衝撃の事実! 日本の農地は急速な勢いで大規模化され、生産効率も急上昇……輸出産業となる!! 日本経済団体連合会(経団連)も2015年1月1日、発表した政策提言『「豊かで活力ある日本」の再生』で、農業と食のGDPを合わせて20兆円増やせるとした。これは12兆円の輸送用機械(自動車製造業)よりも大きく、インターネット産業や金融・保険業に肩を並べる規模──日本のGDPは500兆円なので、農業が全体の4%を占める計算になる。「コメ農家は儲けてない振りをしているだけですよ」「本気でやっている専業農家はきちんと儲かっている」など、日本中の農業の現場を取材した渾身のレポートは、我々に勇気を与える。日本の農業は基幹産業だ!日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活自民党農林水産部会長の小泉進次郎氏は語る。「夜間に人工知能が搭載された収穫ロボットが働いて、朝になると収穫された農作物が積み上がっている未来がある」と──。21世紀の農業はAIやビッグデータやIoT、そしてロボットを活用したハイテク産業、すなわち日本の得意分野だ。その途轍もないパワーは、地方都市を変貌させて国土全体を豊かにし、自動車産業以上のGDPを稼ぎ出し、日本人の美味しい生活を進化させる。大好評『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』に続く第2弾!
  5. 大橋博之
    おおはしひろゆき。インタビューライター・編集者・ディレクター。インタビュー専門で執筆。趣味は散歩・人物撮影。URLhttps://garamon.jp.org/Twitterhttps://twitter.com/garamonmini

RECOMMEND