小麦の品質評価基準はなぜ変わるのか

いまや日本人が主食の中で最も食べるようになったパン。そのパン用小麦を増産してもらうべく、農家に支払う交付金を算定する品質評価の基準が2020年産から見直されるという。

背景に何があるのか。



国産で少ない強力品種

小麦の食料自給率は毎年10%ほどとさみしい状況にある。この状況を打開するには、まずは消費量の多いパン用品種を増産したいところ。

ただ、国産小麦の年間流通量80トンのうち11トンと、全体の14%に過ぎない。パン用小麦は需要があるのになぜ供給は少ないのか。

小麦はグルテンの量に応じて強力粉、中力粉、薄力粉に分けられる。このうち国産で多いのはうどんやお好み焼きなどに向く中力品種。パンや中華麺に向く強力品種は春に種をまき、盆に刈り取る春まき小麦ばかり。一般に小麦は湿度に弱いため、蒸し暑い夏がある日本では栽培に適さないとされる。パン用小麦の自給率が低い理由はここにある。

出典:麦をめぐる最近の動向について|農林水産省



基準見直しで増産が期待される超強力品種

この状況に風穴を開けたのが農研機構・北海道農業研究センターが2007年に開発した「ゆめちから」という品種。北海道では秋に種をまけば、蒸し暑くなる前の7月に刈り取れることから、一気に広がり、品種別の作付面積は2017年産で1.4万haと6位につけている。

「ゆめちから」のもう一つの特徴は、「強力」以上の「超強力」であること。国産で多い中力品種の粉と混ぜて使うことで、中力粉の生地の弱さを改善し、パンに利用することができる。

それならもっと増産したいところだが、ひとつ課題があった。収量を高めるために肥料を多く撒くと、品質評価の基準の一つであり、グルテンの生成に大いに関係するたんぱく値の許容値(10.0~15.5%)を超えてしまう恐れがあること。

ただ、この許容値は超強力品種の誕生を想定していない中(平成18年。2006年)でつくられたもの。中力粉とブレンドして使うことを踏まえれば、許容値をもう少し上げてもいいはず。そこで、超強力品種に限って、許容値の上限を現状の15.5%から18%に引き上げることを決めた。

出典:経営所得安定対策実施要綱 麦の品質区分と品質評価基準 | 農林水産省

超強力品種は「ゆめちから」以外にも誕生しており、2020年産からこの見直しが適用されることで、農家は増産できるほか、パンや中華麺の製造業者は国産小麦を入手しやすくなることが期待できる。

【コラム】窪田新之助のスマート農業コラム
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 堀口泰子
    栄養士、食アスリートシニアインストラクター、健康・食育シニアマスター。フィットネスクラブ専属栄養士を経て独立。アスリートの食事指導や栄養サポートの他、離乳食から介護予防まで食を通じて様々な食育活動を行う。料理家としても活動し、レシピ提案、商品開発も担う。食事は楽しく、気負わず継続できる食生活を伝えることを信条とする。スポーツの現場ではジュニアの育成、競技に向き合うための心と体の成長に注力している。HP:https://eiyoushiyakko.jimdofree.com/
  2. 大槻万須美
    管理栄養士・フードスタイリスト。楽しく食べて健康に。食の大切さを伝えるため、料理教室、バレエダンサーやアスリートのパーソナル栄養サポート、レシピ・コラムの提供など幅広く活動。子どもの頃の毎年の米作り経験から、身近な食体験の重要性についても実感し、おとなと子どもの食育サポートにも力を注いでいる。
  3. 田牧一郎
    たまきいちろう。68歳。日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  4. 田中克樹
    たなかかつき。32年間の農業出版社勤務を経て、2020年末、故郷の八ヶ岳南麓に帰郷。仲間と共に農業・福祉系NPOを立ち上げ、遊休農地・耕作放棄地を再生し、心身の癒しや健康づくりにつながる有機無農薬の体験型農園づくりに取り組む。NPOでは田んぼ除草にホバークラフトを活用したスマート技術を開発中。農と風土(フード)を愛する人たち向けのブックカフェ・居酒屋を開くのが夢。
  5. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
AI・IOTでDXを推進する企画・セールス・エンジニア大募集