ネイチャーダイン、電気や機械不要の灌水システム「SPOEQ 点滴灌漑システム」開発

ネイチャーダイン株式会社は、電気や機械を使用しない自然型農業用灌水システム「SPOEQ(スポーク)点滴灌漑システム」を開発した。
特許出願は既に済んでおり、システムの基盤技術をもとにしたアプリケーションの開発やさらなる応用技術への展開を目指す考えだ。


自然型農業潅水「SPOEQ(スポーク)点滴灌漑システム」


「SPOEQ点滴灌漑システム」は、従来の点滴灌漑システムには不可欠だった高精度な点滴ノズルや高圧ポンプシステムなどを一切使用せずに開発された自然型の配管システムだ。

点滴灌漑システムの最重要ポイントは、ごく少量の水をいかに均等に、広域に、行き渡らせる「制御システムのコストパフォーマンス」が重要といわれている。

従来の点滴灌漑システムは、水や肥料の消費量を最小限にするために、細いチューブや吐出口の狭いノズルを使用した灌漑方式がとられてきたが、ノズルが詰まりやすく、広域で使用する場合には調整が必要になるなど、システムコストが高額になる傾向にあったという。
結果、「通常のスプリンクラーで水や養液を撒く方が低コストになる」といった事例もあり、点滴灌漑システムのメリットが生かしきれていない側面があった。

しかし、「SPOEQ点滴灌漑システム」は、重力による水圧や気圧、物質の表面張力や浸透圧など、自然環境を利用したシンプルな構造原理で動作し、少ない流量を均等に分配しながら広域に渡って灌水させていく。名称であるSPOEQ(Spontaneous Equalizing)は、「自然に起こる自発的な均等化現象」を意味しているという。

「SPOEQ点滴灌漑システム」の開発は、「自動栽培システムSoBiC」の大規模化ニーズに応えたもので、今後は大規模設置の案件や試験導入など、それぞれの目的に応じたシステムを提供する。革新的な独自の栽培技術をベースに、家庭菜園市場や機動力農業へ新たなソリューションを提供するとともに国内外への普及を進めたい考えだ。


ネイチャーダイン株式会社
https://www.naturedyne.com/index.html
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  2. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  3. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  4. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  5. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。