農林水産省・JA全農らを講師とするスマート農業に関するセミナーを東京・港区で開催

新社会システム総合研究所は2018年10月5日、「農業へのICT・データ活用最新動向」と題した、スマート農業に関するセミナーをSSKセミナールーム(東京都港区)にて開催する。


ICTやロボットの最先端の技術を用いて農業生産の効率化、労働力の確保などを図るスマート農業。本セミナーでは、農林水産業の現状や課題を踏まえ、ICTやデータ活用の動向や事例などを紹介する。

当日は農林水産省スマート農業推進班担当の新保貴裕氏をはじめ、日本総研、JA全農、NECの有識者が講師として参加する。

イベント情報】
日時:2018年10月5日(金)13時~17時
会場:SSKセミナールーム
受講料:1名につき3万3400円(税込)。同一フォームより申込の場合、2人目以降2万7000円(税込)
所在地:東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
講師:
農林水産省 生産局 技術普及課 課長補佐(スマート農業推進班担当)新保貴裕氏
株式会社日本総合研究所 創発戦略センター エクスパート 株式会社農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)社外取締役 三輪泰史氏
全国農業協同組合連合会 耕種総合対策部 アグリ情報室 室長 平野幸教氏
NECソリューションイノベータ株式会社 スマートアグリ事業推進本部長 榎淳哉氏

【セミナーの主要内容】
1. スマート農業の実装に向けた取組(13:00~13:55)講師:新保 貴裕氏
担い手の高齢化・減少による人手不足等が深刻化する中、ロボット・ICT等の先端技術を活用して省力・高品質生産を実現する「スマート農業」は、技術開発・実証中心の段階から現場への普及・実装段階へと移行しつつある。本講演では、スマート農業の現状や生産現場における先端技術の導入・有効活用の取組などについて紹介する。
  • 農林水産業の現状・課題
  • スマート農業技術の将来像・事例
  • 推進施策
  • 質疑応答/名刺交換

2. 農業へのデータ活用の最新動向(14:00~14:55)講師:三輪 泰史氏
企業の農業参入や農業者の法人化が進展し、農業をビジネスとして営む主体が急増しており、収益性の向上策として農業ICTの活用への期待が高まっている。本講演では、農業ICTの概要と最先端取組を紹介するとともに、農業データ活用の今後のビジネスチャンスについて解説する。
  • 農業ICTの概要と効果
  • 農業データ連携基盤の構築
  • データ駆動型農業の概要
  • 農業分野におけるデータ活用の事例紹介(日本総合研究所・DONKEYプロジェクトほか)
  • 質疑応答/名刺交換

3. JA全農における農業ICTの取り組み(15:05~16:00)講師:平野 幸教氏
JA全農は、フィールドからテーブルまで、アグリフードビジネス全般を通じた商品やサービスを提供している。農業生産を技術面から支えるため、研究開発やICT活用を進めるとともに、高度なテクノロジーを有する農業ベンチャーへの出資を行っている。今回はJA全農が自ら開発・普及中の耕種を対象としたシステムを紹介する。
  • 総合営農情報サービス「アピネス/アグリインフォ」の概要について
  • 営農計画策定支援システム「Z-BFM」の概要について
  • 営農管理システム「Z-GIS」の概要について
  • 質疑応答/名刺交換

4. 農業ICTにおけるデータ活用の現状(16:05~17:00)講師:榎 淳哉氏
高齢化が進む日本の農業において、労働力の確保や農業生産の効率化などの課題に対応するためICTを活用したスマート農業の推進が極めて重要である。本講演では、スマート農業に係るICT技術や取組を紹介するとともに、データ活用の現状について解説する。
  • 農業ICTにおけるデータ活用の動向
  • 画像、AIを活用した一次産業の精密化
  • ICTを活用した農業技術の継承
  • 農業ICTによるGAP認証の支援
  • 質疑応答/名刺交換

<参考URL>
株式会社 新社会システム総合研究所 セミナー詳細ページ
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。