アライアンス会員に登録された方、全員に「Agri Assistant」1年間無償利用をプレゼント

アライアンス会員登録プレゼント♪

アライアンス会員とは

「SMART AGRI」を運用している株式会社オプティムの新たな取り組み、「スマート農業アライアンス会員」のことを言います。農家様だけではなく、企業や金融機関、自治体、大学など、スマート農業を共に実現したいという未来志向の方であればどなたでもご参加いただける会員システムです。会員登録していただくと、農業の最新情報やイベント情報を受け取れたり、定期的に開催しているプレゼントキャンペーンに抽選で当選いたします。さらに会員限定記事が読めたり、資料ダウンロード、スマート農業プロジェクトへの参加ができます。詳細はこちら

 

【応募条件】

「アライアンス会員」へのご登録&業種が「耕種農業」の方
※業種が「耕種農業」であっても、ご登録状況によっては対象外となる場合がございます。


営農支援サービス「Agri Assistant」とは?


自動音声入力(イヤラブル対応)により、簡単に農作業記録を実践。GAP取得に必要な農作業情報をスマートフォンやタブレット、パソコン、どこからでも共有・確認が可能です。


GAP対応レポート

GAP対応に必要な農作業を様々な帳票(JGAP,GGAP,県版GAP)に合わせたカスタムレポートが作成可能です。



ハンズフリーで簡単入力

作業中でも音声コマンド+音声テキスト機能により、ハンズフリーで作業を妨げずに農作業の内容を簡単にロギングできます。


農作業情報を簡単記録

農作業の年間スケジュールから日々の農作業記録をテキストで記録・管理。データを蓄積してノウハウと技術伝承につなげます。


詳しくはこちら
https://www.optim.co.jp/agriculture/agri-assistant.php





SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。