カゴメ、愛知県の幼稚園で子ども向け野菜食育プログラム「野菜生活100でベジトレ」を開始

カゴメ株式会社は、野菜好きの子どもを増やす食育プログラム『野菜生活100でベジトレ』を、2019年5月から愛知県名古屋市守山区にある喜多山幼稚園で実施中。

厚生労働省が平成29年(2017年)「国民健康・栄養調査」にて発表した成人1日の野菜摂取量の平均は288.2gで、目標の350gを下回っている。その一因には子どもの野菜嫌いが挙げられるが、カゴメが2017年度に発表した調査によると、子どもの野菜嫌いは、幼稚園・保育園や小学校低学年が多いという。

カゴメでは、野菜嫌いの子ども92%が「おいしい」と答えた野菜飲料「野菜生活100」を用いて、野菜が好きになる第一歩を経験できる食育プログラム『野菜生活100でベジトレ』を開発。プログラムでは「子供に野菜生活100を飲ませる前に、野菜が入っていることを理解させること」「大人も一緒に楽しみながら飲むこと」「飲むことが出来たら、きちんと褒めてあげること」を通じて、子どもに野菜が入っているジュースが飲めたという達成感を与える。

そこで今回、野菜摂取量が少ないという調査結果が出ている愛知県(※)の喜多山幼稚園にて、『野菜生活100でベジトレ』を開始。初日である5月22日(水)に、キックオフイベントとして年少~年長を含む110名の園児と、『野菜生活100でベジトレ』を学ぶ授業やベジトレダンスの実演、野菜の栽培を体験するためミニトマトの苗の贈呈などを行った。

事前アンケートでは参加した園児の8割以上が「嫌いな野菜がある」と回答していたが、嫌いな野菜にまつわる話でも、イベント中は終始楽しそうに参加して「嫌いな野菜を食べてみたい!」などと野菜に対して前向きな姿勢が見られた。これを機に、喜多山幼稚園では5月22日より1カ月間、「野菜生活100でベジトレ」を実施している。

カゴメは、本イベントを足がかりに、野菜飲料を用いた子どもの野菜嫌いに対する食育活動を本格化し、今後全国数カ所の幼稚園や小学校でベジトレ食育イベントを展開する予定だ。

※厚生労働省「平成28年国民健康・栄養調査」によると、愛知県の成人男性の野菜摂取量は全国で最も少なく、成人女性も下から3番目。


■「『野菜生活100でベジトレ』体験イベント」実施概要
日時:2019年5月22日(水)10:00-11:00
会場:愛知県名古屋市 喜多山幼稚園
参加者:合計110名
※試飲いただく「野菜生活100 オリジナル」の原材料に、アレルギー特定原材料とそれに準ずるものとして、りんご・オレンジが含まれています。そのため、園児のアレルギー該当有無に関して事前調査を行い、同意いただいた上で試飲いただいております。
登壇者 :喜多山幼稚園 加藤氏
カゴメ株式会社 マーケティング本部 広告部 重友氏


■「『野菜生活100でベジトレ』」とは
子どもの野菜嫌いに悩む、ママとパパの力になりたい、そんな想いで生まれたのが、『野菜生活100でベジトレ!』です。お子様が野菜嫌いを克服し、「野菜好き」になってもらうためには、「野菜が食べられた」という自信をつけると共に、「おいしい」や「楽しい」といった体験を通じて、野菜をポジティブに感じていただくことが重要と考えます。野菜生活100は、野菜嫌いの子どもでも92%※が「おいしい!」と答える野菜飲料です。野菜生活100で、「カンパイ!ハイタッチ!」と親子で一緒に楽しむうちに、野菜が苦手という気持ちを少しでも減らすことができればと考えています。
※カゴメ調べ:2019年2月、ネット調査(商品を試飲後に聴取)、n=237

野菜生活100でベジトレ!3つのメソッド

1 野菜入りだと、きちんと教える。
飲ませる前に、野菜生活100には野菜が入っているけどおいしいことを、お子さんにきちんと説明しましょう。野菜入りだと理解してから挑戦することで、飲んだ後の達成感がより大きくなります。

2 大人も一緒に、カンパイ!
家族と一緒に楽しむことで、野菜生活100を飲むことが楽しい体験に変わります。「カンパイ!」の掛け声で、子どものチャレンジを盛り上げましょう。飲む時には、まず大人から飲んでみせるのもポイントです。

3 ちゃんと飲めたら、ハイタッチ!
お子さんがおいしく飲めたら、すかさずハイタッチ!「野菜が入っているけど、飲めたね」と褒めてあげましょう。そこで生まれた自信と、野菜にまつわる楽しい記憶が野菜に対する苦手意識をどんどん取り除いていくのです。

■事前アンケート調査
「野菜生活100でベジトレ」への参加をきっかけに、どのくらい野菜嫌いを克服できたのかを検証すべく、事前アンケートを実施。今回ご協力いただく喜多山幼稚園には、「嫌いな野菜がある」と回答した子どもが88.2%、そして食事の際に「野菜を残すことが多い・野菜を必ず残す」と回答した子どもが41.2%と、多くの野菜嫌いが存在していました。

【調査概要:子どもの野菜嫌いに関するアンケート】
■調査日 :2019年5月15日(水)~ 2019年5月21日(火)
■調査方法 :インターネット調査
■調査人数 :110名(有効回答数:102名)
■調査対象 :年少~年長を含む、喜多山幼稚園に通う児童

<関連URL>
「野菜生活100でベジトレ!」特設サイト
カゴメ株式会社

ドローンパイロットシェアリングサービス
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 山口真弓
    管理栄養士、健康咀嚼指導士、母歯ネットワーク認定 むし歯予防マイスター® 「スマイル☆キッチン~ママとベビー&キッズのための料理教室」主宰。10歳と7歳の子どもを持つママ管理栄養士。 実践大学生活科学部卒業、認知症専門病院にて勤務後、結婚・出産を経てフリーランスに。「おいしく楽しく!スマイル☆な毎日が過ごせるように、笑顔あふれる食卓になるようお手伝い!!」をモットーに、900組以上の親子の相談を受け、ママの視点でアドバイスするなど、栄養相談やコラム執筆、レシピ提供、児童館や保育園の料理教室講師など、幅広く活動中。著書に『管理栄養士ママが教える!子どものからだとこころが育つ!6歳までの食事のホント』(すばる舎)、『作り方・進め方が1冊でわかる 決定版 はじめてのおいしい離乳食』(ナツメ社)がある。
  2. 渡邊智之
    わたなべともゆき。一般社団法人日本農業情報システム協会(JAISA)代表理事、スマートアグリコンサルタンツ合同会社(SAC) 代表/CEO、総務省 地域情報化アドバイザー。大手IT企業に入社し、主に各種センサーによる生育関連データ蓄積及び作業記録アプリ等の開発を主導しつつ、農業法人に飛び込み農業を学ぶ。その後農林水産省でスマート農業推進担当として、政府のスマート農業関連戦略策定や現場の普及促進に努める。慶應義塾大学SFC研究所の研究員や、農林水産省や自治体のスマート農業に関する会議の有識者、座長としても参加。著書に「スマート農業のすすめ~次世代農業人【スマートファーマー】の心得~」(産業開発機構株式会社)がある。
  3. 三好かやの
    みよしかやの。しがないかーちゃんライター。「農耕と園芸」「全国農業新聞」等に記事を執筆。八王子市ユギムラ牧場でかぼちゃの「いいたて雪っ娘」栽培中。共著『私、農家になりました。』(誠文堂新光社)、『東北のすごい生産者に会いに行く』(柴田書店)等がある。http://r.goope.jp/mkayanooo
  4. 山口亮子
    やまぐちりょうこ。フリージャーナリスト。京都大学卒、北京大学修士課程修了。時事通信社を経てフリーに。主に農業と地域活性化、中国を取材。
  5. r-lib(アールリブ)
    これからのかっこいいライフスタイルには「社会のための何か」が入っている、をコンセプトにインタビュー記事やコラムなどを発信するメディア。r-lib編集長は奈良の大峯山で修行するために、毎年夏に1週間は精進潔斎で野菜しか食べない生活をしている。

RECOMMEND