西菱電機がIoTデバイスにソーラーパネルシステム導入|農業IoTの活用と普及を促進

IT及びIoT事業を手がける三菱グループの西菱電機株式会社は2019年7月31日より、同社の提供するIoTセンサーデバイス「IoTボックス」を、ソーラーパネルシステムに対応させると発表した。電源を必要としないため、設置場所の判断などが難しいIoT活用への課題解決につながる見込みだ。




IoTの汎用性を高めるソーラーパネルシステム

「Seiryo Business Platform」は、同社が提供するIoTサービスとコミュニケーションツールを統合した、業務用アプリケーションプラットフォームだ。同システムを活用したデータの計測または自動化により、業務の数値化や手間の多い作業の効率化を図り、顧客の現場改善と生産性向上を支援する。

具体的には、圃場環境及び社内の屋内環境、産業機械の稼働状況などを可視化するIoTサービスや、日報・業務報告アプリの「Check-in」、IPトランシーバーアプリ「Transceiver」、インカムアプリ「Incom+」などのコミュニケーションサービスから成り立っている。

同社は、これらのプラットフォームに接続して利用できるIoTセンサーデバイス「IoTボックス」が、2019年7月31日よりソーラーパネルシステ厶に対応することを発表。

loTボックスとは、標準センサーである温湿度計センサーと通信機能を備えたデバイスのことで、取替式土壌センサー・CO2センサー・照度センサーなどの農業用センサーがオプションとして含まれている。

IoTボックスには用途と環境に応じて、無線通信方式が異なる3つのモデルがある。WiFiを使用するモデルと、携帯電話と同じ移動体通信の3Gを使用するモデル、そのほかIoTに最適だと評されているLPWA(省電力広域ネットワーク)規格のLoRaWANを使用するモデルの3種類だ。

もともとIoTボックスと土壌センサーは分離型であるため、圃場に設けた複数地点にセンサーを取り付けるなど、用途に応じた柔軟な設置ができることが利点だ。これにより、例えばハウス内の地上温度や土壌湿度を計測し、いくつかに及ぶ環境データの数値化を行うことで、現場対応の判断がつきやすくなる。

その上、IoTボックスにソーラーパネルシステムを搭載することで、屋外における電源を介さないインターネット接続ができるようになった。設置場所の制限がなくなるため、IoTの利用を諦めていたような状況下でも、温度、湿度、土壌温度、土壌湿度、CO2などの環境データの収集が可能となる。

IoTソリューションの一つの鍵として

IoTの本格的な活用に際しては、具体的に以下のようなIoTデバイスが持つ課題への解決策が求められている。

  • 商業施設や工場敷地内などの民間施設において、アナログで計測・記録していた日ごとのデータを自動収集する
  • 職員が現地に出向かうことなく、ダムや河川、山間部などの公共設備周辺のデータを自動的に収集する
  • 果樹園、ハウス栽培などの屋外や電源供給がない作業現場で環境データを収集する
  • 農作物の成長に合わせて、IoTセンサーデバイスの設置場所を変更する
  • メンテナンスに手間がかからない機器の導入

これらの項目に対し、同社が開発したソーラーパネルシステム対応のIoTボックスは、屋外などの電源供給がない場所でも利用できる上に、設置場所の判断や変更が容易となる。また、バッテリーが内蔵式であるため交換の必要がなく、機器のメンテナンスがしやすいことも大きな特長だ。

今後は、IoTの本格的な普及や発展を迎える一方で、いまだ数多くの課題が取り残されている現状において、同社提供のサービスがIoTソリューションを担う一端として、今まさに花開く時を迎えようとしている。


<参考URL>
西菱電機株式会社
Seiryo Marketplace
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。