「ノウフクフォーラム2019」、「農福連携×SDGs」をテーマに9月26日に開催

一般社団法人日本農福連携協会は、協会としては初めての「ノウフクフォーラム2019」を開催する。 本フォーラムは近年、全国的に取り組みが拡大している農福連携と、関心の高まりを見せているSDGs(持続可能な開発目標)とコラボレーションすることを通じて、農業×福祉×地域の価値を発信し、持続可能な社会の構築に関心を抱く多様な分野の人がノウフクプロジェクトに参加できるきっかけ作りとなることを目的としている。 


ノウフクフォーラム2019概要

ノウフクフォーラムとは、持続可能な共生社会に関心を抱くさまざまな分野の方に向けて、農業×福祉が創る価値を考え、普及させることを目的に開催する。「農福連携×SDGs」の切り口から、それぞれのキーマンや実践者を招き、プレゼンテーションやトークセッションを行う。

日時は2019年9月26日(木) 10:00~17:00(18:00~同会場で懇親会を開催)で、会場は大和ハウス工業株式会社 東京本社ビル(東京・飯田橋)での開催を予定している。


<午前の部(10:00~12:00)>
  • 開会の挨拶 日本農福連携協会会長理事 皆川芳嗣
  • 基調講演I 日本農福連携協会副会長理事 村木厚子
  • 「ノウフク」でつくる共生社会
  • 基調講演II 環境省総合環境政策統括官 中井徳太郎
  • 「地域循環共生圏の創造-日本発の脱炭素化・SDGs構想-」

<午後の部(13:00~17:00) >
  • 日本農福連携協会からのお知らせ
  • プレゼン&トークセッション「ノウフクが生み出すつながる世界」
  • オープニングトーク:ランパンプス×農福連携協会
  • トークセッション1:ノウフクとSDGsについて語ろう
  • リードスピーカーによるプレゼンテーション
・大和ハウス工業 企業だからできること。「植物工場による新たな農福連携のかたち」
・西陣麦酒 全国連携!国内初のノウフク連携地ビールプロジェクト
・長野セルプ 長野県における農福連携事業の取り組み
・斎藤果樹園 枝集めから始まった。できるを広げて生まれた価値
・白鳩会 花の木農場の目指す地域共生社会~ノウフクで居場所と出番をつくる~
  • トークセッション2:ノウフクでつながろう!

フォーラム終了後18:00から同会場で農福連携商品を味わう懇親会を開催。

<登壇者紹介>

一般社団法人日本農福連携協会副会長理事 村木厚子(基調講演1)
環境省総合環境政策統括官 中井徳太郎 (基調講演2)

農福連携とは

農福連携は、農業分野と福祉分野が抱えるさまざまな課題を解決し、持続可能社会や地域コミュニティ、商工連携を通じて、全国的に広がりつつある取り組みだ。
2019年4月には国を挙げて、農福連携を進めることを目的とした「農福連携等推進会議」が発足し、社会的な関心が高まっている分野と言える。

SDGsとは

SDGsは「Sustainable Debelopment Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、2015年9月に国連サミットにて採択された2030年までに達成すべき国際社会の共通目標のひとつ。
農福連携により、SDGsの17の目標のうち10の目標に貢献できることが想定され、SDGsの達成に向けた革新的な取り組みとして農福連携に期待が高まっている。

<参考URL>
【農福連携×SDGs】ノウフクフォーラム-SDGs 農福連携を通した地域の再生と持続可能な共生社会の構築-|日本農福連携協会
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。