12秒でアスパラガスを収穫「inaho自動野菜収穫ロボット」がRaaSモデルを展開

自動野菜収穫ロボットを開発するinaho株式会社は、RaaSを活用した従量課金型のサービスを開始した。



inaho株式会社×RaaS(ロボティクス・アズ・ア・サービス)


inaho株式会社は、自動野菜収穫ロボットの開発を軸とした農業のプラットフォームを展開するベンチャー企業だ。

同社は、野菜の収穫作業など人の判断が必要な農作業のAI化やロボティクス化を進めており、人手不足や農業経営の課題など農業に関するさまざまな問題を解決することを目指している。

同社の自動野菜収穫ロボットは、2019年10月9日に千葉県幕張メッセで開催された「次世代農業EXPO」にも展示され、来場した多くの農業関係者から注目を集めた。

RaaSとは、ロボティクス・アズ・ア・サービス(Robotics as a Service)の略で、ロボットの機能を制御するソフトウェアをクラウド経由で提供するビジネスモデルを指す。自動野菜収穫ロボットへのRaaSモデルの活用は、同社のサービスが国内では初となる。

inahoの自動野菜収穫ロボット


同社の自動野菜収穫ロボットは、野菜の収穫作業に必要な一連の動作がすべて自動で行われる。

設定ルートの自動走行やビニールハウス間の移動のほか、AIによる収穫適期の判別などが可能だ。

操作はスマートフォンから行われ、ロボットアームが作物を傷つけることなく優しく収納。カゴがいっぱいになると利用者に通知される仕組みとなっている。
全長は125cmで重さは約65kg、1回2時間の充電で最大6時間の連続使用ができる。充電は家庭用のコンセントから行い、収穫1本当たりの所要時間は約12秒という。

初期費用やメンテナンス費用はすべて無料で、市場の取引価格から算出した収穫量の一部を利用料としてinahoに支払う仕組みだ。


RaaSを活用したサービスは、高額な初期費用を必要とされる自動野菜収穫ロボットを安価に利用できるメリットのほか、データ収集による生産性の向上など農業経営の最適化にも期待されている。

現在の対応作物はアスパラガスのみだが、今後はトマトやイチゴ、キュウリなど、人の目による判断が必要な選択収穫野菜にも広く対応していく予定だ。

国内外の課題解決を目指し


農林水産省の農業構造動態調査報告書によると、2010年には205万人いたとされる基幹的農業従業者数だが、2020年には152万人まで減少し、さらに2030年には100万人台まで減少するとされている。さらに、同省の「農林業センサス」によれば、施設園芸の農家数、面積も過去15年で約25%の減少がみられ、1戸当たりの規模拡大も進んでいないのが現状だという。

農業労働力に関する統計では、現在の農業就業人口及び基幹的農業従事者の平均年齢は約67歳で、2017年に行われた農業構造動態調査では、農業従事者年齢構成比率における49歳以下の割合がわずか約10%という数字に留まった。

今後同社では、人手不足など日本農業が抱えるさまざまな課題の解決を目指し、九州を中心に国内拠点の充足化を図る考えで、世界的な農業課題への挑戦も表明しており、2020年にはオランダに拠点を開設しグローバルな展開も目指したいとしている。

<参考リンク>
inaho株式会社
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。