女性から見た”農”を語るエッセイ集「耕す女(ひと)」発売

インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&Dは、「耕す女(ひと)(副題:持続可能な世界をつくる女性農家の挑戦)」を発行する。



耕す女(ひと)が伝えたいこと


「耕す女(ひと)」は全国の女性農家が集まるNPO法人田舎のヒロインズの編集による、農業に取り組む女性たちのエッセイ集だ。

同書では多彩なキャリアを経て農業に取り組んでいる女性たちが、それぞれどんなきっかけで農業を始め、いま何を考えて取り組んでいるのかが語られている。力あふれる女性農家の視点から、次世代の社会を考えるきっかけとなる一冊だ。

表紙の題字「耕す女(ひと)」は映画『おくりびと』の脚本でも知られる小山薫堂氏、表紙の絵はALS患者で視線入力によりイラストを描く榊浩行氏の作品。また、巻頭にはap bank代表理事の小林武史氏、『ソトコト』編集長の指出一正氏からの応援メッセージが掲載されている。

著者「NPO法人田舎のヒロインズ」とは

本書を執筆したのは、40代以下の現役若手女性農家が役員を務める農業団体「NPO法人田舎のヒロインズ」だ。

「農業後継者不足の解消」をモットーに、農業や農村の意義および価値を女性の視点から見直し、農業に関心を持つ次世代を増やすための提案・提言を行っている。

前身となる「田舎のヒロインわくわくネットワーク」が発足したのは1994年3月のこと。2014年3月に団体名を変更し、現在の体制となった。今では農業に従事する女性のみならず、応援してくれる方々、学生、男性へその輪を広げ、全国に約160人もの会員がいる。

耕す女(ひと) もくじ

第1部 耕す女(ひと)
大津愛梨「農業なくして持続可能な社会なし」
高橋菜穂子「地域を生かす、女が生かす」
吉村みゆき「畑から食卓へ」
加藤絵美「えがおになれるお米をふくしまで」
谷江美「都市と農村をつなぐ」
小田垣縁「養豚場から愛をこめて」
大塚なほ子「美しさ、強さの源は畑に」
藤原美里「農村だからこそできる子育て」
Yae/藤本八重「半農半歌手という生き方」
北澤美雪「農業が果たす多面的機能」
長田奈津子「家族と一緒に台所に立ち、家族と一緒に食事をとる幸せ」
稲澤エリナ「ファーマーの夫と命の誕生の場に寄り添う助産師のコラボレーション」
宮崎悦子「元帰国子女OL、農家の嫁になる」

第2部 耕す女(ひと)の仲間たち
30年を経た農業の多面的機能という概念(和泉真理)
地に足をつけた生き方のススメ(今村司)
服も農産物~オーガニックコットンの畑から考える顔の見える服づくり(鎌田ありさ)
女性が主演の農業こそが輝く(榊浩行)
農業ICTから広がる夢(大山りか)
NPO法人田舎のヒロインズの書籍出版に寄せて(太田太)
酪農を通して子供たちが夢を抱ける世界を(堤夏穂)
おだやかな革命~これからの時代の「豊かさ」を問いかける(渡辺智史)
初めての来日時に阿蘇で地震を経験して(ステラ・ウィンター)
耕される男(大津耕太)

第3部 耕す女(ひと) ─時を超えて
夢の続き(羽生たまき)
手作りハムで伝える、夢ある農業、農村文化(北見満智子)
干拓問題について考える(西村ふじ子)
十路の反抗期(小林幹子)
紅葉の南フランスを訪ねて(新開玉子)
藺草を織る(星田真理子)
「かまど」の教え(稲本康子)
柚餅子とともに二十三年(関京子)
ヒラタケの恩恵(望月玉代)
異国より友きたる(尾崎千惠子)
都市農業を支える元気な女性達(白石敏子)
農業をする自分が好きですか(田中泉)
我が家は農家 こんな農業しています(小林優子)

<参考URL>
NPO法人田舎のヒロインズ
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 大坪雅喜
    おおつぼまさのぶ。1973年長崎県佐世保市生まれ。FARM DOI 21代表(農業者)・アグリアーティスト。 早稲田大学第一文学部史学科考古学専修卒業。学生時代に考古学、水中写真、自然農という世界を覗き込む。2006年9月、義父が営む農業の後継者として福岡県大川の地で就農。農業に誇りを持ち、未来には普通となるような農業の仕組みやサービス(カタチ)を創造していくイノベーションを巻き起こしたいと考える。縁のある大切な人たち(家族)と過ごす物心ともに満たされた暮らしの実現こそが農業経営の最終的な目的。現在、佐賀大学大学院 農学研究科 特別の課程 農業版MOT 在籍中。
  4. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  5. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。