IoTを駆使した柿栽培への挑戦【富有柿農家のスマートグラス活用日記】

SMART AGRIをご覧のみなさん、初めまして。

滋賀県北西部の高島市今津町で「富有柿」を栽培している柿農家の3代目、水尾学(みずおまなぶ)です。2代目である父の成(しげる)と共に、日々農業に励んでいます。


実は、私が父と共に柿作りを始めたのは3年前からで、それまでは約30年間、電子機器関連の仕事に従事しておりました。

父は柿づくり歴60年の86歳で、現役柿農家です。近畿農政局長賞など、多くの賞をいただき、全国に多くのファンを持っています。銀座の飲食店などでも、多く取り扱われています。

当時、全国でお世話になった方々に実家の柿を配ったところ、たくさんの方からお褒めの言葉をいただきました。そして、ふと親の高齢化と、身近にこれほど競争力のある「富有柿」があったことに気づいたのです。多くのファンを持つ父の「富有柿」を受け継ぎたいと、実家で共に農業をしていくことを決めました。

しかし、これからの農業はITの時代と世間では騒がれています。なので、私は今までと違った承継の仕方をしてみようと考えました。今後、若者にとっても魅力のある農業になるように、そして地域PRにつなげるために、これまでの農業の立ち位置を変えるべく日々挑んでいます。

IoTと農業を結びつけたい

現在、実家の柿農地を実験場にした、IoTを駆使した農業の取り組みを展開しています。

まず、長年の感と経験からの“物づくりを”引き継ぐために行っているのが、“見える化”の実現を目指した3つの要素です。

1.センサー類によるデータの収集
2.ドローンによる、園地の映像データ記録
3.スマートグラスを用いた遠隔地からの作業指示による技能伝承
→最終目標は、AI化による農業の実現!

では、一つずつ具体的にご紹介していきます。

この記事の続きを読むには、ログイン、およびアライアンス会員登録(無料)が必要です。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。