アスパラガス栽培をスマート農業で省力化・効率化 【特集・SDGs未来都市・壱岐市のスマート農業 第1回】

玄界灘に浮かぶ和牛とアスパラガスの島

8月19日、博多港からジェットフォイルに乗って約1時間。長崎県の壱岐島を訪ねました。人口約2万7000人の玄界灘に浮かぶ周囲140kmの孤島。日本で20番目に大きな島です。昔から「壱岐牛」として知られる和牛の飼育がさかんで、その排泄物から生まれる堆肥を利用して、30年ほど前からアスパラガスの栽培が行われてきました。

「3月に開幕して9月までずっと休みなく続く。アスパラガスの栽培は、プロ野球のシーズンと一緒です」

壱岐のアスパラガスの生産者、郷ノ浦地区の許斐(このみ)民仁さん(47歳)のハウスを訪ねると、細かな葉が茂るハウスの地面から、ニョキニョキと新芽が伸びていました。

アスパラガスの夏芽。ピーク時は1日に15㎝伸びるといわれている

アスパラガスには、3月、まっさらな地面から伸びる「春芽」と、その収穫が一段落した後に、特定の芽を伸ばして「立茎(りっけい)」させ、ワサワサとハウスいっぱいに枝葉を広げ、光合成を促すことで養分を地中に蓄えさせて、再び地表からニョキニョキと生えてくる「夏芽」があります。気温の高い夏の新芽は成長が早いので、春芽より淡く、鮮やかなグリーンが特徴です。

夏のアスパラガスは、光合成を促すために「立茎」させ、繁茂した株の下から生えてくる。

「うちの中学生の娘の自由研究によると、24時間で11cm伸びるそうです」

夏のアスパラは、それほど成長スピードが速いのです。どんどん新芽が伸びてくるので、夏の間は朝収穫して、午後再びハウスに入り、伸びた芽をまた刈り取る。そんなペースで1日2回収穫する日が続きます。

アスパラガスの収穫は手作業。しゃがんで一本ずつハサミで切り取っていく


エンジニアからアスパラ栽培へ

半年以上続くアスパラガスのシーズン、「このみ農園」を営む許斐さんはご自身と両親、姉、女性パートタイマーの4〜6人編成で収穫に臨んでいます。

「この期間は、家族全員倒れちゃいけない。いかに無理せず作業を続けるか。とにかく墜落しないように、超低空飛行で飛び続ける飛行機と一緒です」

そんな許斐さんの家では父の代からアスパラガスを栽培し、農協へ出荷していましたが、民仁さん自身は40歳を過ぎるまで、福岡の自動車メーカーに勤務し、技術者として働いていました。在職中にアスパラガスのネット通販を開始。ネットで届いた注文をFAXで壱岐の実家へ送り、両親が顧客へ発送していました。徐々にリピーターも増え、定期的に注文をくれるレストランも現れました。

ある時、頼みの宅配業者へ荷物が集まりすぎてパンク状態に。東京のレストランに送ったはずの荷物が届かず、肝心のアスパラガスが行方不明になってしまいました。

「もう自分で運ぶしかない。スーツケースに40kgくらい詰めて、自力で運びました。せっかくだから他のレストランにも営業しようということで」

アポなし訪問は門前払いされるのが常ですが、「壱岐の島から来ました」と告げると、「わざわざそんな遠くから」とびっくりして扉を開けてくれるシェフが多かったそうです。

「ドアを開けてくれたら、こっちのものです」

そんなふうにピンチを新たなチャンスに変えて、着々と顧客を増やしていきました。

自動車メーカーのエンジニアを経て、5年前に就農した許斐民仁さん

島へ帰ったのは42歳の時。子どもの頃、日々農作業に追われる両親の背中を見ていたので、ずっと「自分は絶対百姓はやらん。サラリーマンとして暮らすんだ!」と思っていたそうです。でも、

「どうせ島へ戻るなら、イヤイヤながらではなく、前向きにやっていきたい」

そんな気持ちで栽培に従事。今年で6年目を迎えます。

島では高齢化と少子化が進み、担い手がどんどん減っています。中には民仁さんのように、実家に戻って農業を継ぐ人もいますが、年々辞める人の方が多いのも事実。そんな状況は、いずこの離島や農村も一緒です。

水やりだけで2時間……もっと省力化と数値化を

夏のアスパラガスの作業は、1日2回の収穫作業の他、ハウスのビニールの開閉、灌水、収穫したアスパラガスの選別や調整作業があります。思いの外時間がかかるのが灌水。アスパラガスは大量の水を必要とする作物なので、毎日水やりしなければなりません。

ハウス1棟につき給水に5分。バルブを開けて閉めて、次のハウスへ移動して、また開けて……の繰り返し。水やりだけで1日に2〜3時間を要します。日々の灌水作業を自動化できたら……そう考えている農家は、許斐さんだけではありません。

元々エンジニアだった許斐さんが、常々考えていたことがあります。これまで日々灌水する水の量は、「夏場だからだいたいこれくらい」と、ざっくり感覚的に決めていました。しかし、新たに就農する人にはその「だいたい」の感覚がわかりません。

そもそもアスパラガスは他の野菜と違い、畑に大量の堆肥を入れ、苗を定植して茎を伸ばし、太い新芽が出てくるまで約2年を要するので、どうしてもお金になるまで時間がかかります。さらに日々の灌水量を感覚的に習得していたのでは、時間がかかりすぎてしまうのです。

「誰が見ても客観的にわかるように、島のアスパラガス栽培の標準的な作業工程を数値化して、マニュアル化した方がいい。ちゃんと作れるようになるまで5年も10年もかかるような、これまでの感覚的なやり方では持ち堪えられない。日本の農業全体が危機的状況にあると思います」

この春、各ハウスにセンサーを設置。スマート農業がここから始まる

「アスパラガス栽培のマニュアル化」と作業全体の省力化の必要性を切実に感じるようになった許斐さんは、昨年末、壱岐市が「SDGs未来都市」および「自治体SDGsモデル事業」に選ばれたことを知りました。

SDGs未来都市の実現に向けた計画書には、同事業のステークホルダー(関係者)である株式会社オプティムの「IoT及びAI技術・プラットフォームを活用して、スマート農業の活動を推進し、6次産業に統合した事業を支援する」と明記されています。


壱岐市にスマート農業を普及させるには、現地の圃場でデータを集積・分析し、AIが解析しなければなりません。許斐さんはそれに「協力しよう」と、自ら手を挙げました。

この春、許斐さんのハウスに白いセンサーが入りました。

「オプティムさんがやってきて設置してくれました。ハウスの温度や湿度、地中の水分も自動的に測っていて、ただいま分析中です」

そもそもSDGsとは? 壱岐島のアスパラガスのハウスで、これから何が始まるのでしょう?

(続く)

<参考URL>
壱岐の島 このみ農園のアスパラガス
壱岐市 SDGs未来課
SDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業の選定について - 地方創生推進事務局(2018年度)

【特集】SDGs未来都市・壱岐市のスマート農業
  • アスパラガス栽培をスマート農業で省力化・効率化 【特集・SDGs未来都市・壱岐市のスマート農業 第1回】
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 大坪雅喜
    おおつぼまさのぶ。1973年長崎県佐世保市生まれ。FARM DOI 21代表(農業者)・アグリアーティスト。 早稲田大学第一文学部史学科考古学専修卒業。学生時代に考古学、水中写真、自然農という世界を覗き込む。2006年9月、義父が営む農業の後継者として福岡県大川の地で就農。農業に誇りを持ち、未来には普通となるような農業の仕組みやサービス(カタチ)を創造していくイノベーションを巻き起こしたいと考える。縁のある大切な人たち(家族)と過ごす物心ともに満たされた暮らしの実現こそが農業経営の最終的な目的。現在、佐賀大学大学院 農学研究科 特別の課程 農業版MOT 在籍中。
  4. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  5. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。