三好かやの

三好かやの

みよしかやの。しがないかーちゃんライター。「農耕と園芸」「全国農業新聞」等に記事を執筆。八王子市ユギムラ牧場でかぼちゃの「いいたて雪っ娘」栽培中。共著『私、農家になりました。』(誠文堂新光社)、『東北のすごい生産者に会いに行く』(柴田書店)等がある。
http://r.goope.jp/mkayanooo

神楽坂のイタリア料理店が壱岐島アスパラガスを選んだ理由とは?【SDGs未来都市・壱岐市のスマート農業 第4回】
2019.11.22
AI自動潅水と堆肥による循環型農業へ 離島が目指すミライの農業とは?【SDGs未来都市・壱岐市のスマート農業 第3回】
2019.11.25
SDGsモデル事業の核は地域住民の対話と農業 【SDGs未来都市・壱岐市のスマート農業 第2回】
2019.11.19
アスパラガス栽培をスマート農業で省力化・効率化 【特集・SDGs未来都市・壱岐市のスマート農業 第1回】
2019.11.25
丹波地域で生産者とともに切り開く、スマート農業の未来の形【丹波地域スマート農業実証実験レポート】
2019.10.9
浜松生まれの6次化ブランド「うなぎいも」大躍進の秘密
2019.9.3
ドキュメンタリー映画「SEED ~命の糧~」試写会と、日本で種を守る人たちの話
2019.7.15
リンゴの知的財産権を守る「クラブ制」は日本でも根付くか 〜世界のリンゴ事情
2019.8.26
がんばれ!油菜ちゃん──南相馬で農地とエネルギー再生を目指す取り組み
2019.8.26
「スマート米栽培」を初めて実施した農家に聞くAI×ドローンのメリット
2019.8.26
AI×ドローンで栽培した「スマート米」に見るオプティムの未来戦略
2018.12.21
ドローン×AIで栽培した丹波産「スマート黒枝豆」が東京の八百屋に登場
2019.10.9

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  4. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  5. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。