イーエムアイ・ラボ、水田の除草剤散布を用途とした小型無人ボートを販売

無人ロボットの研究・開発を手がける株式会社イーエムアイ・ラボは、水田の除草剤散布を用途とした無人小型ボートの販売を2020年4月より開始した。販売価格は39万8000円(税込 ※液剤用の標準タイプ)。

同社の小型無人ボートは、中山間地域の小・中規模農家を対象としたモデルで、同社は「担い手不足が深刻な中山間地域の課題解決につなげたい」とコメントしている。


イーエムアイ・ラボは、無人ロボットの研究・開発、AIシステムのプログラムなど、スマート技術を駆使したさまざまなサービスを展開する長野県のスタートアップ企業だ。
同社は、日本の耕地面積の約4割を占めるという中山間地域における農業課題の解決を目指し、ユーザーのニーズに合わせた製品およびサービスの提供を行っている。

 軽量かつコンパクトな船体で効率的な除草剤散布を


イーエムアイ・ラボが開発した無人小型ボートは、発泡スチロールを素材とする軽量な船体が特徴の農業用小型ボートだ。

重量は約10kgと従来型の農業用小型ボートよりも軽く、船体の規格も全長90㎝×全幅70㎝とコンパクト。使用できる水深は5㎝以上で、ボディには損傷を軽減するための特殊加工が施されている。

除草剤のタンク容量は5Lで1分間当たり約500mlを散布。標準タイプは液剤の除草剤のみを対象としているが、粒剤タイプおよび両用タイプへの変換加工も可能とのこと。

動力源には約20分間の静音走行を可能とするバッテリー式のモーターを採用。ボートの操縦は送信機によって行われるが、複雑な操作は必要とせず、簡単な操作項目のみで操縦ができるそうだ。

イーエムアイ・ラボでは、無人小型ボートのさらなる可能性として、水田全体をかき混ぜて除草を行うチェーン除草に対応したアタッチメントの制作も進めているという。


株式会社イーエムアイ・ラボ
https://emi-lab.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  2. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。
  3. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。