イーエムアイ・ラボ、水田の除草剤散布を用途とした小型無人ボートを販売

無人ロボットの研究・開発を手がける株式会社イーエムアイ・ラボは、水田の除草剤散布を用途とした無人小型ボートの販売を2020年4月より開始した。販売価格は39万8000円(税込 ※液剤用の標準タイプ)。

同社の小型無人ボートは、中山間地域の小・中規模農家を対象としたモデルで、同社は「担い手不足が深刻な中山間地域の課題解決につなげたい」とコメントしている。


イーエムアイ・ラボは、無人ロボットの研究・開発、AIシステムのプログラムなど、スマート技術を駆使したさまざまなサービスを展開する長野県のスタートアップ企業だ。
同社は、日本の耕地面積の約4割を占めるという中山間地域における農業課題の解決を目指し、ユーザーのニーズに合わせた製品およびサービスの提供を行っている。

 軽量かつコンパクトな船体で効率的な除草剤散布を


イーエムアイ・ラボが開発した無人小型ボートは、発泡スチロールを素材とする軽量な船体が特徴の農業用小型ボートだ。

重量は約10kgと従来型の農業用小型ボートよりも軽く、船体の規格も全長90㎝×全幅70㎝とコンパクト。使用できる水深は5㎝以上で、ボディには損傷を軽減するための特殊加工が施されている。

除草剤のタンク容量は5Lで1分間当たり約500mlを散布。標準タイプは液剤の除草剤のみを対象としているが、粒剤タイプおよび両用タイプへの変換加工も可能とのこと。

動力源には約20分間の静音走行を可能とするバッテリー式のモーターを採用。ボートの操縦は送信機によって行われるが、複雑な操作は必要とせず、簡単な操作項目のみで操縦ができるそうだ。

イーエムアイ・ラボでは、無人小型ボートのさらなる可能性として、水田全体をかき混ぜて除草を行うチェーン除草に対応したアタッチメントの制作も進めているという。


株式会社イーエムアイ・ラボ
https://emi-lab.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。