スマート農業で競争力を強化 九州に「スマート農業促進コンソーシアム」が設立

九州における農業の競争力をAIIoTロボットを用いて強化し、“稼げる農業”の実現を加速化するべく、株式会社オプティム、一般社団法人九州経済連合会、福岡県、大分県の4団体は「スマート農業促進コンソーシアム」を設立し、「スマート農業促進コンソーシアム協定」を締結した。オプティムが設立した「スマート農業アライアンス」に九州経済連合会、福岡県、大分県が参加し、九州におけるスマート農業の促進を目的とした事業を進める。


「スマート農業促進コンソーシアム協定」では、「スマート農業アライアンス」に基づいて実施される個別プロジェクトへの役割分担による参加や、同アライアンスに基づいて実施される各種取組みに関する周知のほか、個別プロジェクト実施状況の進捗確認、実施状況に応じた助言や指導などを行っていくという。

役割分担としては、九州経済連合会が「スマート農業促進コンソーシアム」の運営委員会事務局を運営(「スマート農業促進コンソーシアム」への参加・退会申込、登録情報の変更申込等の事務手続きを含む)。福岡県および大分県は、個別プロジェクト参加者に対する農業技術、ならびにその他農業関連の助言や指導を行う。「スマート農業アライアンス」に参加する生産者と個別に契約を締結し、個別プロジェクトを実施する部分は、これまでと同様にオプティムが担当する。

現在は、生産者所得の向上を目指し、AI・IoT・ロボットの先端技術を活用したスマート農業のモデルケース作りを実施中。具体的には、AI・IoT・ロボットを駆使して農薬使用量を必要最小限度に抑えるモデルケースの構築を目指している。すでにドローンで撮影した画像をAIで分析し、必要な箇所だけに農薬を散布する「ピンポイント農薬散布テクノロジー」を、九州をはじめ、全国の農家で実施しており、大豆、枝豆、コメなどで実際に出荷・販売も行われている。

「スマート農業アライアンス」はすでに全国で550以上の団体が会員となっており、ドローンや画像認識などの各プロジェクトがスタートしている(参加は無料)。また、これらのプロジェクトで収穫された農産物は全量買い取りの仕組みになっており、オプティム自身がネット通販や店頭などで販売を行っている。九州北部地域から参加者がさらに増えることで、スマート農業の導入農家や農業法人がより広がっていきそうだ。

<参考URL>
一般社団法人九州経済連合会
株式会社オプティム
スマート農業アライアンス

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。